ヴォーヌ・ロマネでほろ酔い気分

”ダニエル・リオン ヴォーヌ・ロマネ 2008”

久々に 大好きなヴォーヌ・ロマネを開けて
珍しく早く帰ってきた夫と 今日も 飲みながらのスタート 

まだ若いので アタックは 酸味が少し強いですが
心地よい香りが 鼻に抜けていきます
f0248616_2119466.jpg

ベリーやカシスの香りの後には
まるで フランスの 小さなお城の庭の 花壇に入っていくような
少し控えめな華やかさが感じられ 
そしてそこをゆっくり通り抜けると
わずかに残る枯れた草のような 深い余韻・・・・

でも いつぞや飲んだ ロッシュ・ド・べレンヌ
2009年ヴォーヌ・ロマネ ヴィエユ・ヴィーニュの方が
美味しかったような・・・
(価格も少し安かったかも?)

ボルドー好きの私が ブルゴーニュのワインも好きになったのは
ジュヴィレ・シャンベルタンとこのヴォーヌ・ロマネに出会ってからです

注ぎ方がうまくなくて グラスの中に弾いていて すみません
家で一番大きな チューリップ型のグラスで・・・私の大きな拳も入ります^^
f0248616_21224055.jpg
 
バジルが元気なうちに 今日こそカプレーゼをと・・
今夜も 飲み過ぎの私達でした
[PR]
トラックバックURL : http://sarasuna.exblog.jp/tb/19146563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sarasunanikki-yk | 2013-04-03 21:43 | ◎うちのごはん | Trackback | Comments(0)