夏椿咲きました☆・・・・沙羅の樹

こんにちは

朝は曇り そして少し晴れて
その後雨・・・また曇り
今日は変わりやすいお天気です


家の庭の夏椿の花が 開きました
大好きな花(樹)です

花の季節も 花が終わって緑だけの時も
秋の紅葉も 冬の優しい木の姿も 一年中眺めていたい樹です

f0248616_14341388.jpg


平家物語の冒頭にも出てくる 仏教の聖木沙羅双樹の名前から
沙羅の樹とも呼ばれますが、沙羅双樹は別にあって 同じ木ではないそうです

開いた花は たった 一日で落ちてしまうのです
儚いからこその美しさでしょうか



庭の花
f0248616_14404618.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://sarasuna.exblog.jp/tb/22423797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aicce797 at 2014-06-28 23:06
saraさーん☆
こんばんは~!
そして、きれいなお花に心が穏やかになれそうな?そんな夜です。

日本における「沙羅双樹」はツバキ科落葉樹の「夏椿」なのだそうですね?寒い時期に咲く、真っ赤な寒椿とは違って、花びらが白で涼やかですね?

インドにおける本物の「沙羅の木」そして、東南アジアには「サラの木」があるとか?

saraさんちのお庭の白い花?
ポンポン菊のように、かわいい形ですね?

そういえば。。。saraさん、愛称がお花の名前と
偶然。。。同じじゃないですか?

Commented by sarasunanikki-yk at 2014-06-29 01:38
mimiさん
こんばんは~というか もうこんな時間です^^

沙羅の木は その姿の美しさにも惹かれますね☆
以前は双樹とは 二本あるのかと思っていました
家の沙羅も二本植えてありますが その由来は??
今までに 何度か調べたことがあるのですが はっきりしません。
高校の授業で 平家物語で登場した頃から、気になっていたことでした。

いずれにしても その由来からのエキゾチックな印象もさることながら、
人の世の所業無常の理を、花にたとえた事は
当時の人々の 自然への思いの深さや 信仰心をも
推し量ることができる気がして、毎年この花を見るたび
見知らぬ時代に思いを馳せている私です(^-^)

あ、短歌を詠むときのペンネームは
沙羅にしてます(^_-)-☆
Commented by lovely_padme_37 at 2014-06-30 15:05
おーーー 平家物語のか?って思いながら見てたらそういう事なんですね? お勉強になりました。。。

椿系の感じがしますねー
これもこちらでは咲かないお花だと思うな・・・
椿って本物咲いてるの見て見たいなーっていつも思います。。。
Commented by sarasunanikki-yk at 2014-06-30 15:47
padさん
この木の 細くて洋風な感じも好きなんですが
今度ちゃんと写してみますね。
これは 二階から見下ろした画像で 花が上向きに咲くので
二階からだと良く見えるんです^^

あ、そうか 花や木も違うんですよね。いろいろ・・。
あの美瑛の風景もそうだけど 北海道の風景って
ヨーロッパみたいで素敵ですね☆
by sarasunanikki-yk | 2014-06-28 14:42 | 庭・植物・花 | Trackback | Comments(4)