カテゴリ:▽青森県( 16 )

おはようございます
今朝の最低気温は0度
雪の予報だったのですが、今は小雨で
ここ数日よりは、少し暖かいあさでした
この後気温は上がらず、日中2度の予報
雪に変わるのかもしれません


帰りの新幹線の駅弁です♫

f0248616_23271159.jpg

新幹線の前に、ちょっと五能線のお話を・・

リゾート白神の走る五能線は単線なので
数か所の駅で、上下線のすれ違う待ち時間がありました
正確には秋田県東能代から、青森県川部までが五能線です


そこで見かけた光景
車掌さんが電車に張り付いた雪や氷を落としています
寒そう~!

f0248616_23262886.jpg


リゾート白神の中の様子を付け加えると
座席には個々に収納式のテーブルがついています
回転してボックス席にした場合に良いですね。

向こうに見えるのは、前の座席の背についている
新幹線のようなテーブルです
足を思いっきり伸ばせるくらい広いスペースです
f0248616_23263719.jpg






さて、五能線と奥羽本線を走ったあとは、新幹線です
新青森駅で、駅弁を買って乗り込もうとしたら
駅中の駅弁屋さんは、売り切れでした

コンビニ弁当もないし
階下に行けばあるかもという、不確かな情報では
乗りかえ時間が迫っていて、行ってみることはできませんでした

で、あきらめて、新幹線に乗ったら、目の前にワゴンが・・
まだ車内に出る前の準備段階で
少し残っていた駅弁を買うことができました
お酒も・・^^

f0248616_23265503.jpg




ホタテ飯と海鮮こわっぱ^^
ホ~ッ~(^^♪良かった

f0248616_23270433.jpg


さきほどのワインの残りとワンカップで再び乾杯
この日4度目のお酒・・・(≧▽≦)

あ、正確には、行きの奥羽本線で
持って行ったブランデー1口飲んだから5度目・・(^_-)-☆


美味しそう~♫

f0248616_23271159.jpg
unig
ウニもいくらも美味し~☆
わかめもシャキシャキだし蟹も甘い~☆
そういえば、シジミラーメンに入ってたわかめも美味しかった。





片方はお肉系が良かったけれど
買えただけでもうれしかった

f0248616_23272153.jpg




あ、もう仙台
乗り換えです

f0248616_23280199.jpg





見慣れた仙台のテレビ塔

f0248616_23282725.jpg



郡山まで爆睡でした(^◇^)


大人の休日パス旅行
一日目の長いレポを読んでいただき有難うございました
翌日は江戸東京博物館に行きました




ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村





[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-29 08:53 | ▽青森県 | Trackback


おはようございます
今朝は少し暖かく、この時間はもう4度くらいになっているようです
日中9度まで上がる・・・暖かいです

明日からはまた雪模様で寒くなるそうなので
今日は、少し大きく窓を開けて、気持ちの良い空気を入れたいです



津軽の旅の続きです


金木町から五所川原までは、ストーブ列車も走る津軽鉄道
(日本最北端の私鉄です)

五所川原からは、こちらリゾート白神という五能線を走る
全車指定席の列車に乗りました
f0248616_09542058.jpg


ホームには高校生がいっぱい
みんな、そんなに着込んではいない^^
f0248616_09543308.jpg

五能線は、青森秋田を結ぶ、日本海の海岸沿いを走る
絶景の見える列車です

f0248616_09534470.jpg


今回は海沿いまでは、行きませんでしたが
f0248616_09532137.jpg

この電車を利用すると、川部という駅で奥羽本線に乗り換えることなく
新青森まで行くことができます

往路では、ストーブ列車との乗り継ぎがよくなく
利用できませんでした

f0248616_09532718.jpg

今年、新型車両も出るそうです
f0248616_09533340.jpg





f0248616_09535079.jpg



中はゆったりとしていて、新幹線よりも座席の前後幅が広いです
f0248616_09544596.jpg


f0248616_09550041.jpg





各車両に、こんなスペースもあって
風景を見たり、写真を写したり、自由に座ることができます

f0248616_09552114.jpg


このリゾート白神に乗って、日本海を走る旅も
ぜひ行ってみたいです


お気づきかもしれませんが、地図をよく見ると
新青森から五所川原へは、戻る方向になり、効率がよくありません

新青森から五所川原まで、乗り継ぎの良いバスも出ているのですが
雪が多い季節なので、遅れや渋滞の心配もあり
私たちは電車で戻る方を選びました


さて気持ちの良いリゾート白神です
当然(^^♪こちら

f0248616_10305327.jpg




車内販売で、ワインとビールを買って
持参のブランデーも^^ラミーチョコと一緒に~(^^♪
(スコッチが良かったのに・・と、ワタシ・・^^)

カンパーイ♫

f0248616_10303859.jpg



約1時間半の乗車・・・のんびりできました


この後は新青森から新幹線で、ひたすら帰るだけですが
やっぱり飲んでます(≧▽≦)




ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村


[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-28 10:39 | ▽青森県 | Trackback | Comments(4)


あたりは暗くなって、駅にも灯りがつきました
線路の上を歩いて、反対側のホームに行きました

雪の下になって見えないけれど、きっと
踏切のようになっているのだと思います

f0248616_01113624.jpg





左が駅舎で、帰りの電車は右側のホームに来ます
f0248616_01115018.jpg




ああ・・いいなあ~この風景
f0248616_01120212.jpg



f0248616_01121325.jpg




f0248616_01122431.jpg


五所川原までは津軽鉄道
ストーブ列車ではありません
f0248616_01124483.jpg

電車に照らし出された雪の白さが、きれいでした






ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村



[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-28 01:22 | ▽青森県 | Trackback


太宰の生家から、駅のほうに向かって少し歩くと

f0248616_09092361.jpg

疎開の家があります
f0248616_09093617.jpg




数年前までは、呉服屋さんが使っていたという建物は
今は太宰関係の書物やはがきなど
土産品も扱う店になっています

f0248616_09094684.jpg
ちなみに、あの又吉さんは、何度もいらしているとか・・




その一角に、疎開の家の入口があります

f0248616_09100185.jpg




こちらでは、案内してくださる方がいて
私たち二人の他に、もう一人、関東地方から来られた
やはり太宰ファンの方と、三人一緒に案内していただき

太宰にまつわる、本当に詳しくて楽しいお話を
聴くことができました

f0248616_09314123.jpg


初めて聴くエピソードや、交友関係なども
とても興味深く、感動的でした。
この家の入口は、上の写真のようになっていますが
内側から入るようになっているので、見ることはできませんでした。




中は洋室をはじめ、和室が4室
廊下も広く、贅沢な造りになっていました

f0248616_09314845.jpg




昭和20年7月末、妻子を連れて津軽の生家に疎開し
終戦後は、この離れに暮らし、1年3か月あまりのうちに
23の著作を執筆しました
文壇登場後の太宰の居宅として、唯一現存する邸宅です




"故郷"には昭和17年、病床の母を今井に行った顛末が書かれ
"津軽"には旅行で昭和19年訪れていますが
疎開したのは、その後のことということになります

そして終戦後、再び上京し"斜陽"、"桜桃"、"人間失格"など多数の作品を
書きますが、このころから体調を崩し始めたようです



右の窓下は、作り付けのソファーです
そして左のドアの右側には

f0248616_09103279.jpg



太宰が飲んだり、来客に出したウイスキー専用の棚で
扉を開けると、奥行きの浅い棚があります

f0248616_09104407.jpg



ガラスの向こうはサンルームです

f0248616_09105617.jpg




"あがりたまえ"(^-^)

f0248616_09315498.jpg




奥が執筆していた部屋
手前は、疎開する前に母を見舞いに来た折
母が寝ていたという部屋だそうです

f0248616_10303888.jpg



f0248616_09203847.jpg




生家の文庫蔵の隣にあった離れは
下の図のような位置にありました

f0248616_09343610.jpg



後年引き家され、現在は90メートルほど東にあります
それにしても、広い敷地です

一番広い時期で、庭や周辺を含めて役3ヘクタールの土地を
有していたとのことです



20分近くお話を聞いて、そのあとは太宰が座っていたという
この部屋の、この場所で、少しだけ作家気分~♫
でも、ほんとはちょっと恐れ多くて、もったいない気がしました

暖房はついてないので、すっごく寒くて
コートも脱がず、太宰さんと太宰ファンの方、すみません

f0248616_09210912.jpg




御一緒したもうお一人が、写して下さいました。
火鉢は、太宰が使った時のままの物だそうです

f0248616_09211056.jpg


今回、学生時代から好きだった太宰治の故郷に再来し
この新座敷を訪れることができたことは

太宰について、また新たな思いをもつきっかけとなり
もう一度作品を読み直してみたい気持ちにもなりました


この後は駅まで行って、リゾート白神という電車にのります




学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。
けれども、全部忘れてしまっても
その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものだ。
これだ。これが貴いのだ。勉強しなければいかん。
(正義と微笑より)


笑われて 笑われて つよくなる
(HUMAN LOSTより)






ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村







[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-27 11:13 | ▽青森県 | Trackback | Comments(2)


見えてきました・・太宰の生まれ育った家
現在は斜陽館という名前で記念館になっています


f0248616_08531554.jpg

大地主、津島源右衛門(太宰治の父)の手で建設された入母屋作りの建物は
明治40年、米蔵にいたるまで日本三大美林のヒバを使い
当時のお金で工事費約4万円をかけて造られました。


f0248616_08533641.jpg
レンガ造りが美しい、大きくて赤褐色の豪邸です



■階下11室278坪、2階8室116坪、付属建物や泉水を配した庭園など合わせて宅地約680坪の豪邸です。
■太宰はこの家を「苦悩の年鑑」の中で「この父はひどく大きい家を建てたものだ。
風情も何もないただ大きいのである」と書いています。








f0248616_08535319.jpg


■この豪邸も戦後になって津島家が手放し
昭和25年から旅館「斜陽館」として旧金木町の観光名所となり
全国から多くのファンが訪れていました。
しかし、平成8年3月に旧金木町が買い取り、旅館「斜陽館」は46年の歴史に幕を降ろしました。
(金木町のHPより)
f0248616_08542419.jpg




旅館だった時に宿泊したときは(20年以上前)
この広間で、一人ひとり御膳で食事が出てきました




f0248616_08545799.jpg

家の建物に近い蔵には、器や調度品書物などが納められていて
階段は、この後出てくる家の中の階段と同じように立派でした
蔵の中は撮影禁止です

f0248616_08554320.jpg



庭、つららが長いです

f0248616_08560845.jpg



店だったころの名残の入り口付近

f0248616_08563779.jpg




二階に上がる、一番広い階段

f0248616_08565759.jpg


四方に広がっています

f0248616_08572969.jpg



二階洋室

f0248616_08574562.jpg



f0248616_08580051.jpg


使用人用でしょうか?
他の階段・・台所につながっているようです

f0248616_08582127.jpg



有名な金屏風の間

f0248616_08583941.jpg

f0248616_08592275.jpg



浴室跡と、他の二つの蔵への通路

f0248616_08593847.jpg



米蔵前


f0248616_09000023.jpg




f0248616_09003595.jpg



20数年ぶりの再来は、また新たな発見や感動がありました
街並みは変わって、観光客も増えたようですが

ここは、本当に太宰が好きでたまらない人は
一度は訪れたいと思っている、憧れの場所です

f0248616_09005345.jpg

こうして再び訪れることができて
本当にうれしく、また懐かしい気持ちでいっぱいになりました


こんな標識までできていました
では、私もメロスのように坂を走って上ります・・・^^

と言いたいところですが、雪が積もっているうえに
降ってもいるので、足元は滑りやすくて
よちよち歩きです・・(^◇^)

f0248616_09011365.jpg



この後は、この標識の一番下にある新座敷へ・・




ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村




[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-26 11:33 | ▽青森県 | Trackback | Comments(2)

雪の降りしきる中、三味線会館まで歩きました
途中、津島家の菩提寺雲祥寺の前も通りました
f0248616_14455988.jpg




f0248616_14422633.jpg



f0248616_14513566.jpg



数年前に、できたばかりの会館には、やはり初めて行きました

f0248616_14441443.jpg





毎日演奏時間が決まっていて
生の津軽三味線を聴くことができます

f0248616_14531620.jpg


f0248616_14462779.jpg


演奏は三曲で二十分ほど
津軽三味線のルーツを知ることができる
短い映像も写されます


しばし、哀愁を帯びた力強い音色に魅了されました

f0248616_14471392.jpg


会館内には三橋美智也コーナーも
そういえばこの方も津軽三味線の名士でしたね^^
ご存知ですか~?

ずいぶん前の方です^^
f0248616_14473261.jpg



会館を出ると、広い道と建物あって
すぐ向こうが斜陽館

このあたり、昔来た時とは、ずいぶんと変わっていました
f0248616_14481288.jpg

私の着ぶくれした後姿が写っています^^
ロングブーツにパンツをインして
普段着のフード付きダウンコートを着て
雪が降っているときは、スキー用のニット帽の上に
フードを被ってました(^◇^)


たくさん着て、ちょっとしめつけられたけど
寒さ対策は万全でした~(*^_^*)

ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村




[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-25 21:24 | ▽青森県 | Trackback | Comments(4)


五所川原発~中里行き
津軽鉄道のホームは、雪で覆われていました

f0248616_09574563.jpg


f0248616_09582502.jpg








可愛い車掌さん?と カシャッ!!☆
うれしそうな夫(^◇^)

f0248616_09593040.jpg




走れメロス号に乗ります

f0248616_10412928.jpg




中に乗り込むと、すでにストーヴにはスルメが乗っていました・・^^
子供のころ乗ったことのあるような
木づくりの椅子の、ふるい車両です^^


f0248616_09594960.jpg



車掌さんの他にもう一人
するめを焼いたりお酒を売ったりしてくれる方がいます

f0248616_09595708.jpg




この日は金曜日でしたが
ちょうど皆さんが座れる程度に、混んでいました


車窓からの風景は、まさに地吹雪
朝のうち晴れていた青森地方も
雪が降ってきました

f0248616_10342574.jpg



柳原加奈子似の、可愛い車掌さんは
車掌さんは、乗車中色々なことを説明してくれます
津軽弁がまた、いい味出してました(^-^)

f0248616_10005231.jpg





車内で買えるのはスルメ・ビール・お酒・どら焼きなど

f0248616_10010865.jpg


で、日本酒を1本、二人で飲みました

f0248616_10012511.jpg


さきほど買った揚げたい焼きも食べて

f0248616_10011870.jpg




私たちが降りる金木町までは、20分余り・・
するめを焼いて食べるには、ちょっと時間がたりなかった^^

この日は、混んでいて、とても忙しそうで
みなさん順番待ちでした


f0248616_10341475.jpg


外は雪
そして年季の入った車両の窓の隙間から、中にも雪が・・笑

f0248616_10464922.jpg



金木町に到着です
降ってます・・・寒いけど、私は嬉しくて歩く気満々(^^♪

f0248616_10390391.jpg


f0248616_10404684.jpg



f0248616_10402486.jpg


金木町では、20年以上前に訪れて
懐かしい太宰治の生家=斜陽館
津軽三味線の生演奏を聞くことができる会館
そして今回最も行ってみたかった
作家になってからの太宰が疎開していた、津島家(太宰の本名)の
離れへ・・

6年前までは普通に住居や店舗として使われていたため
公開されていなかった家で
今回初めて訪れます




ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村


[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-25 10:49 | ▽青森県 | Trackback | Comments(6)

おはようございます
九州地方も大雪が降って、本当に寒い日が続きますね


1年で一番寒いとき、寒いところに行ってきました
青森の旅の続きです


五所川原で昼食の後、いよいよ今回の旅の目的の一つ
津軽鉄道ストーブ列車に乗ります


駅舎です^^
f0248616_09160858.jpg

JRの五所川原駅のすぐ隣にあります
f0248616_09162345.jpg




この時期、津軽鉄道を走る電車の全てがストーブ列車ではなく
時間が決まっているので、
あらかじめ調べて、五所川原に到着後すぐに
ストーブ列車の切符を買っておきました

f0248616_09163239.jpg


f0248616_09223209.jpg


普通の乗車券の他に
ストーブ列車券が必要です






駅に戻る前に、ガイドブックに載っていた
揚げたい焼き屋さんで

f0248616_09150126.jpg

f0248616_09151365.jpg



鯛焼きを買いました
普通に1個づつ焼いた鯛焼きを
油で揚げて、砂糖をからませてあります

f0248616_09154187.jpg


この鯛焼きをもって
念願のストーブ列車に乗り込みます(^^♪



ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村






[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-25 09:28 | ▽青森県 | Trackback | Comments(2)

お昼頃、五所川原につきました


f0248616_00043261.jpg



f0248616_00033195.jpg

駅の中です
夫の後ろ姿も・・・
ダウンジャケットとブーツで完全装備です^^
f0248616_00060712.jpg



奥羽本線の五所川原駅

f0248616_00065426.jpg



街中を歩いて

f0248616_00075298.jpg



立佞武多館に行きました

f0248616_00082252.jpg



わかりにくいですが、建物の二階分以上の高さです

f0248616_00085343.jpg




この建物のラウンジでランチ
とりあえずかんぱーい!!

f0248616_00092662.jpg


食券を買って、セルフサービス

名物の"シジミラーメン"

f0248616_00134814.jpg



シジミが下のほうにもたくさん入っていて
とても美味しかったです

f0248616_00110166.jpg



もう一つは"おらほの定食"

f0248616_00113148.jpg



色々ついていました

f0248616_00122180.jpg


f0248616_00123877.jpg



みそおでんも・・

f0248616_00120520.jpg





食券で買ったお酒は、ワンカップでした(^◇^)

f0248616_00130783.jpg



それにしても、シジミラーメンが美味しかった(^^♪

f0248616_00132364.jpg

このあと、揚げたい焼きを買ってストーブ列車に~^^





ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村












[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-25 00:26 | ▽青森県 | Trackback

22日朝、郡山7時25分の新幹線で青森に向かいました
お天気はまずまず

福島付近・・吾妻小富士です
日本はどこへ行っても富士山の名前が付いた山がありますね
福島の富士山です^^

f0248616_22553208.jpg


仙台で乗り換えました
ここでやっと朝食らしいものをゲット
f0248616_22560385.jpg

おにぎりとサンドウイッチ
これで二人分です
f0248616_22564637.jpg


いわての空がきれいでした
でも岩手山は、うまく写せず・・

f0248616_22590944.jpg



9時50分、新青森に到着
駅中に、少し小さめのねぶたがありました

f0248616_22595872.jpg


f0248616_23002465.jpg




青森県出身の棟方志功の版画も

f0248616_23010602.jpg



外は快晴、寒いけれど
寒さ対策はしっかりしていたので
あまり気になりませんでした

駅中から乗り継ぎ時間に写しました

f0248616_23021181.jpg





外にも出てみました
雪は・・青森にしては、少なめのようです

f0248616_23024759.jpg




ちょっと可愛い電車が止まっていました

f0248616_23030766.jpg



私たちの乗るのはこちら
奥羽本線で川部と言うところまで
ちょっと戻るような感じです

f0248616_23033681.jpg





どこまでも続く、車窓からの雪原

f0248616_23042007.jpg




そして、リンゴ畑の向こうに見えてきました
青森の富士山?^^
岩木山です

f0248616_23045972.jpg




岩手山もいいけれど
f0248616_23233828.jpg





岩木山もいいですね☆

f0248616_23244571.jpg

快晴の奥羽本線沿線の風景を楽しみながら
川部という駅まで行って、五能線乗り換えます



今日は江戸東京博物館に行ってきました~(^^♪
ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村




[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-23 23:30 | ▽青森県 | Trackback | Comments(4)