<   2013年 10月 ( 70 )   > この月の画像一覧

北上市 現代詩歌文学館

”国立天文台の帰りに・・”

奥州遊学館と天文台に行った帰り
北上市の 現代詩歌文学館に寄りました

以前応募して 展示されたという自分以外の作品も
一度観ておこうというのと 広い公園の紅葉を観るためでもありました

期待通り 木々は色づき始めていました
f0248616_9215150.jpg

文学館の前の池のほとりから
f0248616_9222919.jpg



夕刻で いまひとつ色合いが出ませんが
それでも 広い園内のあちこちで 赤や黄色の紅葉がきれいでした
f0248616_9241131.jpg


f0248616_9243735.jpg



公園には サッカーをする子供たちや
ジョギングや ウオーキングをする人
そして 犬の散歩、ギターを弾きながら歌っている外人さんなど

それぞれに 休日のひと時を自由に楽しんでいて
北上市民の 憩いの場となっているようでした 
f0248616_925036.jpg
f0248616_9254357.jpg


文学館の二階から眺めた池と公園
f0248616_9262534.jpg


f0248616_9265527.jpg


作品は 二階展示室前のスペースに 俳句二首。詩二編と一緒に
色紙に台紙をつけて きちんと展示されていました

こんな所が 近くにあったらいいなと思う
広くてきれいな公園でした



いつも御覧頂いて有難うございます
 ↓ 宜しくお願いいたします m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ

にほんブログ
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2013-10-31 11:24 | ◇文学館・記念館・ 本・詩歌など | Trackback | Comments(8)

カレー&キャロットラペ

”10月30日の夕食”

おはようございます(*^_^*)
今朝起きたら すごい霧がでていました

今も 深い霧で ライトを付けて走っているく車もあります
この後は 良い天気になりそうです


昨日の晩御飯

ブロ友さんのところで 美味しそうだった
キャロットラペ
f0248616_8424037.jpg


リンゴのサラダ
f0248616_8432336.jpg


御飯  カレー粉とバターを入れて炊いてみました
f0248616_844290.jpg


f0248616_844416.jpg




それから 昨日のお昼
たまには 1人でもちゃんと食べようと
親子丼を 作りました
f0248616_849485.jpg


f0248616_8473979.jpg

生卵が苦手なので こんな感じです

お昼にしっかり食べても
夕方になると どうしてもお腹がすきます
おやつを食べ過ぎると 晩御飯が美味しくないし・・
4時頃お茶にすればいいのかな^_^



いつも御覧頂いて有難うございます
 ↓ 宜しくお願いいたします m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ

にほんブログ
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2013-10-31 08:55 | ◎うちのごはん | Trackback | Comments(6)

"木村榮(ひさし)記念館”

国立天文台水沢と奥州宇宙遊学館は 同じ敷地内の隣に位置しています
そして 少し手前の右手の方に この記念館があります
f0248616_10395248.jpg


1899(明治32)年に 臨時緯度観測所として建てられ
1966(昭和41)年現在の庁舎が新築された際移転し
初代所長木村氏の業績を顕彰するため
記念館として保存されています
f0248616_10404231.jpg


   木村博士は 42年間にわたり極運動の研究を行い
   学問的な基礎を 築きました。
   中でも1902年のZ項の発見は 日本人による天文学への初めての
   画期的な貢献として 大きな意味をもち 世界的に注目を集めました

                                          (パンフより)

実際に使われていた 所長室と机や調度品
f0248616_10473580.jpg


記念館の中には 当時使われた眼視天頂儀や気圧計 地震計
座標測定機
など当時使われていた たくさんの機器と
博士の書いた原稿や緯度観測所と世界の観測所の関連と
その歴史年表などとても詳しく展示してあり
どれも興味深く面白く観ることができました

  木村氏は 1870年 現在の金沢市で生まれ
幼くして親戚の木村家に養子に出され
  そこで木村塾という小学校の様な塾で学び
 8歳にして塾の先生になったそうです
   また書道の才能にも秀でていて4歳と8歳の時に書いた書が展示されていましたが 
  まるで書家が 書いた様な信じられないくらいりっぱな字でした
 
  中学では 哲学者 西田幾多郎と知り合い 生涯の友となり
  中学時代の先生の話しから 天文学を志すようになり 
  東京帝国大学の星学科の学生になりました
  そこで 岩手県出身の物理学者 田中館愛橘に教わったことがあることは
  今回初めて知りましたが 何か不思議な縁を感じます


その後極運動の観測のために ドイツに渡り 1899年ドイツから帰ってすぐに
臨時緯度観測所の所長になりました
1941年退職後は 東京世田谷に移り 1943年に亡くなられました

人生の多くの時間を 水沢での緯度観測に費やし 
地元の人たちに テニス、卓球、謡曲なども伝えたと言われ
人々に親しまれていた木村氏は 子供達の教育に熱心で
水沢に初めて幼稚園を作ることにも尽力し 小学校に木村賞を設け
受賞した生徒の中には 後に緯度観測所の職員になった方もいるそうです
                              (展示室資料より)


記念館前に植えられた 宇宙を旅した桜です
f0248616_11383643.jpg

あの宇宙ステーションの”きぼう”に滞在してきたそうです
f0248616_11385445.jpg

      
宇宙ステーションの日本実験棟”きぼう”
 NASAに出発する前に
筑波のJAXAに観に行ったことがあります
 ガラス張りの外からの観覧でしたが 同じ大きさのレプリカに
入ってみて、その狭さに驚いたことを覚えています
      
 その時聞いて最も印象に残っている事は 宇宙飛行士になるために
 一番大切なことは 協調性だということでした
 せまい空間の中で 少なくても数か月間は 共同研究や作業をするため
 何よりも求められる事なのだそうです      
 
             
             



今回 この国立天文台水沢と奥州宇宙遊学館を訪れて
知らなかった 緯度や天体観測に関するたくさんの事を知り
また 見たこともない多くの機器も観ることができたこと

そして何より 木村博士をはじめとする日本の緯度観測の歴史を知ったことで
星や宇宙に関して抱いてきた漠然とした興味が 少だけし鮮明になったような気がします

専門的なことは 何一つ理解していませんが
この先も あの大きな電波望遠鏡の様に
遠く遥かな宇宙の夢と ずっと何所かで繋がって行きたいと思いました
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2013-10-30 11:58 | ◇美術館・博物館・絵画のこと | Trackback | Comments(8)

蓮根のサラダ&刺身

”10月29日の夕食”

おはようございます
昨日夜か 明け方に降った雨で 道路は濡れていますが
今は 少し陽が差し始めました
この後 あまりお天気は回復せず
午後は雨の予報が出ています

昨日の晩御飯

蓮根のサラダ
f0248616_8354943.jpg



豆腐と 三種類のキノコのオイスターソース炒め
f0248616_8362726.jpg

ちょっと かためにできて 失敗


お刺身
f0248616_837723.jpg


刺身を盛り直すと 崩れそうだったので お皿に写さないで そのままです
f0248616_8383158.jpg

テレビで見た 蓮根のサラダ シャキシャキで美味しかったです(^^)



いつも御覧頂いて有難うございます
 ↓ 宜しくお願いいたします m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ

にほんブログ
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2013-10-30 08:42 | ◎うちのごはん | Trackback | Comments(8)

”オリオン座やおおいぬ座も見える季節”

陽が落ちてすぐ 西の空にただひとつ輝く宵の明星金星
ちゃんと写らないのに撮りたくなります
f0248616_21572137.jpg


そして 同じ時刻北の空に そびえる岩手山
f0248616_2158940.jpg


寒くなってきましたね
これからは 空気も澄んでくるし 冬の星座たちが 良く見える季節ですね

冬の代表的な星座オリオンは 今日あたりは 10時過ぎ頃南東の空に現れ
天頂と地平線の 真ん中あたりの高さを 明け方南西に沈むまで移動します

数日前 11時ごろには オリオンの四角形と真ん中の3つ星
それから 少し南の下の方に おおいぬ座の一等星シリウスまで見えていました
シリウスは 一等星の中で一番明るく 白っぽく光っているので
オリオンから 南に目を移して少し下がると すぐ見つかりますね

星座が美しい季節・・・寒いけれど 少し暖かくして 空を見上げる時間を持ちたいです

仙台のKスタで どちらも一歩も引かない様な いいゲームをした 楽天と巨人・・・
東京ドーム第一日目の今日 楽天勝ちましたね(^^♪
明日も頑張れ~!!   昔は巨人ファンだったのですが・・・(^_-)
 



いつも御覧頂いて有難うございます
 ↓ 宜しくお願いいたします m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ

にほんブログ
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2013-10-29 22:23 | ◇自然(山・月)空・宇宙 | Trackback | Comments(8)

"4次元デジタル宇宙シアター(4D2U)”

天文台の建物です
この中は 観ませんでしたが 一部見学可能な場所があったようで
見逃してしまい とても残念です
次回行くことがあれば ここと屋外の旧天頂儀室を ぜひ観たいと思っています
f0248616_10473547.jpg



さて 電波望遠鏡に感激した後は 遊学館の建物に戻り
午後2時から 国立天文台で開発された 4D2Uを観ました

職員の女性が 子供むけ風に 分かりやすく説明しながら
水沢を出発して地球を旅立ち 月や惑星を観ながら 
太陽系を飛び出して 天の川銀河
そして たくさんの銀河が見える宇宙空間までの旅です

3Dの画像に 時空が加わった 4次元の世界
もちろん 3D眼鏡をかけての鑑賞です

30分程の上映は あっという間で地球に戻ってきましたが
改めて色々な事が分かったような気がします

特に 地球と太陽の距離が基準となっている 一天文単位  
という長さの単位や 地球と月の創世記の因果関係・・・
   これには 色々な説があるけれど 星がぶつかり合って 大きな方が地球
   ぶつかった時にできた塵が集まったものが
   やがて月になったと言う説が有力など・・・
とても興味深く聴きました。 

吸い込まれそうな美しい星座や銀河の画像に魅せられて
宇宙の広さに思いを馳せる 素晴らしいひと時でした☆

そのあと 急ぎ二階展示室へ
f0248616_10535481.jpg

1921年に建てられ1966年まで緯度観測所として使用されていたこの建物は
古き良き時代の面影残る 大正浪漫そのものでした
f0248616_1054384.jpg
 
二階廊下部分です
f0248616_1101077.jpg


この左側に 銀河・風・星という3部屋の展示室があり

       銀河 は 触って確かめられる惑星の重量比や 電波望遠鏡の形の意味など
        は  宮沢賢治と緯度観測所のかかわり
        は  観測所での研究内容と歴史 エピソード、実際に使用された機器 
               などについて 詳しい展示がありました


f0248616_111287.jpg

展示内容や 機器も 撮影してきましたが 当時観測に使われた子午機・経緯儀など
見た目にも重厚な機器を ここで簡単に画像でアップすることは なんだか憚られます。

宮沢賢治が この緯度観測所を 何度か訪れていたことは
やはり この場所にゆかりのある ブロ友さんから聞いて知りました

そして実際来て観て ”風の叉三郎”や”銀河鉄道の夜”を書く
ひとつのきっかけとなった事も知りました
  風の叉三郎の中に     
          僕たちの日本では いちばん通りたがるところなんだよ。
          なぜって あすこを通るレコードでもなんでもみな
          外国の方へ 知れるようになることがあるからなんだ

 
という一節があるのが ここ水沢緯度観測所のことを 表していると・・・
なるほど・・・です(*^_^*)

農業振興のために 尽くした賢治が 星や月や太陽の動きに関心を持ち研究した事は
当然の事で、そう言う中でたくさんの童話や物語も生まれてきたのではないでしょうか

  こういうことを知ると 色々な場所を訪れる度に 
  いつもいつも感じていることを またふつふつと考えてしまいます

  文学も音楽も美術も 皆繋がっている・・
  繋がっていて当然の事・・・そして 科学さえも・・・・
  
  万葉の昔から 人々は 月や星の動きを愛でて 歌に詠み、物語に書いてきた・・・
  それって 科学そのものでは・・・と・・
  そう考えると、また なんだか楽しくなってくる  

頭の中で ブツブツと考えながら 銀河の部屋で ひとしきり色々な物を触ったり観たりして
小学生気分を楽しんだあとは 1899年臨時緯度観測所として建てられ
現在は 木村榮(ひさし)博士の記念館となっている建物へ・・・




いつも御覧頂いて有難うございます
 ↓ 宜しくお願いいたします m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ

にほんブログ
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2013-10-29 11:56 | ◇美術館・博物館・絵画のこと | Trackback | Comments(4)

”10月28日の夕食”

おはようございます
今日は 朝のうち曇っていましたが 今は少し晴れています
昨日ほどの晴天ではありませんが
何とか 晴れていると言った感じでしょうか

昨日の晩御飯

じゃがいも小さめ3個、豚挽肉、椎茸、人参、玉ねぎ でこれだけできました。
小さいのはお弁当用に
f0248616_8574144.jpg


f0248616_8591559.jpg


昆布の煮ものと野菜スープ
f0248616_902824.jpg


f0248616_91888.jpg





いつも御覧頂いて有難うございます
 ↓ 宜しくお願いいたします m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ

にほんブログ
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2013-10-29 09:05 | ◎うちのごはん | Trackback | Comments(11)

”直径20mの電波望遠鏡”   
                              
              水沢VLBI(超長基線電波干渉法)観測所
               ( Very Long Baseline Interferometry)


外に出ると ウイーン(またはグイーン)(^◇^)という
あの ロボットが動くときの様な 大きな音が聞こえてきます

f0248616_11421117.jpg


見えた・・電波望遠鏡
f0248616_11381915.jpg

手前の小さいのも直径3メートルの 電波望遠鏡
右上は 先程の遊学館の建物

この電波望遠鏡で 銀河系を観測し精密な立体地図を作ろうと言う
壮大な研究計画 VERAプロジェクト!!

小笠原 ・ 石垣 ・ 入来(鹿児島)に設置されたものと合わせて4台で
月面上の一円玉をも測定できる精度を持つ 直径2300㎞の電波望遠鏡となり 
私達の住む天の川銀河の地図を作るための 観測をしているのです
・・・・気が遠くなるような 宇宙の研究・・・

その4台全てを この水沢の天文台で 遠隔操作していると言うことにも 驚かされました
向こうに見えるのは 直径10mのものです
f0248616_1255611.jpg


望遠鏡のすぐそばまで近づきました
先程ロボットと書きましたが そう これはまさに大きな望遠鏡ロボット!
こうしている間も 下の台と一緒に 望遠鏡は 回ったり上下したりして

夫も私も大興奮です・・・・音もすごいけれど 見上げた大きさにも圧倒され
近づいてくると 怖いとさえ感じます

そして 表面が見たくて 望遠鏡と一緒になって ぐるぐるまわりを回るのですが
上ばかり向いていて なかなかこっちを向いてくれない・・・

しかたなく 周りにあったこんな物をみていました
矢印の方向に それぞれの都市のVLBI局があるらしい  
ふーん 良く分からないけど なるほど・・です
f0248616_12363072.jpg


寒いしシアターの時間も迫ってきて
私達より 後で観に来た親子連れさんも もう建物の方にもどってしまい
それでも諦めきれず背伸びしながら 恨めしそうに望遠鏡を観ていると
f0248616_1214525.jpg



次の瞬間 望遠鏡は 大きな音と共に一気にこちらに向かって
しかも下の方を向いて動き始めました

f0248616_12203942.jpg

来たー!!
f0248616_1222578.jpg


わーーーツ!! ^^
f0248616_13371872.jpg


何て  素敵なの!!(*^_^*)
f0248616_13353713.jpg


大空に向かって 大きく回転する電波望遠鏡を見上げていると
宇宙への夢が広がって 何もかも忘れてしまいそうです


  開口直径        20m      
     重量       380トン
     高さ        24メートル
     駆動速度     2度/秒



参考までに 大きさ比べ   左下に人が歩いています
f0248616_13332623.jpg


この時 時間は もうすぐ2時 4次元シアターの始まる時間
急いで 遊学館に戻りました
f0248616_1246895.jpg





いつも御覧頂いて有難うございます
 ↓ 宜しくお願いいたします m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ

にほんブログ
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2013-10-28 12:50 | ◇美術館・博物館・絵画のこと | Trackback | Comments(10)

”奥州宇宙遊学館”

昨日は いつもコメント下さる3383jiji さんに教えて戴いた
奥州宇宙遊学館 と言うところに行ってきました

以前国立天文台の 緯度観測所だった建物を 奥州市が譲り受け
保存改築し 奥州宇宙遊学館として 2008年に開館したものです
f0248616_10211666.jpg

入口をはいると 大きな天体望遠鏡があります
f0248616_10254149.jpg

これから 200円で 宇宙の旅へ?・・(^^♪
f0248616_1033124.jpg


初めに 緯度観測所のなりたちや 初代所長 木村榮博士の発見した
Z項について わかりやすく説明されたビデオを観ました
f0248616_10254821.jpg


奥州市には このZの付いた公共施設が たくさんあります

Z項とは 地球回転運動の乱れの一つである極運動の事で
当時世界の6か所にのみ設置された 緯度観測所の一つ水沢で
この観測と報告 研究をしていた 木村氏の世界的な発見だったそうです

簡単に言うと 地軸のふらつきのことだそうです
子供向けに 作られているアニメの 説明は
大人にも とても分かりやすくて面白いです

後ほど 木村氏が研究していた 最初の緯度観測所の建物もアップします

f0248616_1049826.jpg


子供たちが 宇宙に関心を持つよう また わかりやすく理解できるように
色々な工夫がされていて 実際に観測に使用されていた
たくさんの 機械類も展示されています

一階の展示室を観て そのあと二階へ・・・と思ったのですが
2時からの4次元デジタル宇宙シアターの前に
屋外の電波望遠鏡を観ようということになり 一端外へ出ました

ワクワクです(*^_^*)
長くなりそうなので 次に・・・

いつも御覧頂いて有難うございます
 ↓ 宜しくお願いいたします m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ

にほんブログ
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2013-10-28 11:01 | ◇美術館・博物館・絵画のこと | Trackback | Comments(4)

”今日の岩手山&10月27日の夕食”

おはようございます
昨日は予報は晴れだったのですが
雲が多くて 晴れたり曇ったりの一日でした

今日は 朝からすっきり晴れ・・・・
久しぶりに岩手山がきれいです

f0248616_9575957.jpg

ピントがあってなくて せっかくの晴れが・・・^^;


出かけていた昨日、家にあったものは 水炊きの材料・・・
f0248616_1002994.jpg

鍋の後は いつも卵雑炊かうどん
f0248616_1013586.jpg

寒かったので 暖まりました



いつも御覧頂いて有難うございます
 ↓ 宜しくお願いいたします m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ

にほんブログ
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2013-10-28 10:03 | ◎うちのごはん | Trackback | Comments(6)