<   2016年 01月 ( 48 )   > この月の画像一覧



銀座でおそばを食べた後、両国に
翌日で千穐楽を迎える国技館前は、たくさんの人がいました

f0248616_21231256.jpg



f0248616_21241608.jpg





そのすぐ隣にある江戸東京博物館
特に夫が来たかったところです
f0248616_21243625.jpg




ダビンチ展も開催されていたので
まずはそちらから観はじめました
f0248616_21250739.jpg
ダビンチに関連する画家たちや
ダビンチ自身の修作、科学的な研究に関する展示もありました



ワシントンのナショナルギャラリーで観た絵や
ミラノのダビンチ博物館で観たことのある物もあって
ちょっと嬉しくなりました



ダビンチ展だけで、一時間以上はかかってしまい
それから博物館内をじっくり・・・


f0248616_21255165.jpg


f0248616_22394007.jpg





数え切れないほどのジオラマには
色々な仕掛けもあって、動いたり音楽が聞こえたり

f0248616_22402348.jpg



f0248616_22402412.jpg



f0248616_22405009.jpg





昭和の住居は、実物大のものが何件もあり

f0248616_22413970.jpg



f0248616_22430348.jpg



江戸時代の庶民の家々もあって

f0248616_22415836.jpg

f0248616_22424024.jpg




大工の八っつあんの家も・・・笑

f0248616_22435807.jpg




こちらは昭和の団地
f0248616_22462285.jpg




イベントスペースでは、一日に何度も
参加型の色々なパフォーマンスが行われているようで
特に外人さんに大人気でした

f0248616_09081214.jpg



f0248616_09074893.jpg


江戸時代の蕎麦屋の屋台や

f0248616_22470338.jpg



千両箱

f0248616_22471251.jpg




魚屋などは、持ってみて体験できます

f0248616_22472699.jpg





そんなこんなで、たくさんの写真を撮りましたが
きりがないのでこのくらいにして

広~い館内を、足が棒になりそうなくらい観て歩いて
翌日もあるので、6時半ごろの新幹線に飛び乗って
郡山に帰ってきました

f0248616_22480776.jpg





駅前のイルミネーションを見ながら
晩御飯をゲットして、バスで自宅へ

f0248616_22475739.jpg




ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村




[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-31 23:08 | ◇美術館・博物館・絵画のこと | Trackback | Comments(2)

こんにちは
昨日降った雪で、また家の前の道路にはワダチができてしまいました
今日はくもっています


大人の休日パスで出かけた二日目は東京でした
新幹線から那須連峰が見えて、お天気は晴れ
f0248616_00441339.jpg


東京についたのが11時半ごろ
朝は家を出る前に、簡単に済ませて
お昼はこちら、銀座笑笑庵

f0248616_00452838.jpg




もう10年以上も前になるかもしれませんが
雑誌サライに載っていたのを見て、行くようになった店です

f0248616_00460561.jpg




店は地下になります

f0248616_00463799.jpg





f0248616_00465417.jpg






とりあえずビール、私は小で
御通しは小松菜と春菊としめじのお浸し
お出汁がきいて、とても美味しかったです

f0248616_10520342.jpg





自家製塩辛
こちらは麹の味がして、美味しかったけど
私は塩味だけのが好きです

f0248616_10525889.jpg





お刺身盛り合わせ

f0248616_10523910.jpg





生ものが美味しい蕎麦屋です


店内は落ち着いた雰囲気
雑誌や本を片手に持った男性一人客が数人と
銀座の商店の店主さんらしきグループ、ほかに数組の男女

f0248616_10531584.jpg




キャベツとジャコのサラダ
これ美味しかった~^^
キャベツが特別なのか、シャキシャキで甘くて

f0248616_10541453.jpg





f0248616_10534234.jpg





野菜の天ぷら

f0248616_10543197.jpg





アオリイカの刺身

f0248616_10545087.jpg





〆はは十割蕎麦にしてみました

f0248616_10551221.jpg




今回も美味しくいただきました~^^

この後は、両国にある江戸東京博物館





ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村








[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-31 11:12 | ▼東京 | Trackback | Comments(6)

また降りました


おはようございます
昨日夜から降っていた雪、今はやみましたが
また20センチほど積もりました
下のほうはもう溶け始まっている、やわらかい雪ですが
今朝は夫と二人で雪かき

f0248616_10201004.jpg



f0248616_10195953.jpg


玄関を出て左側に雪を積んで・・
奥に見える塀の向こうは幅6メートルの道路です
f0248616_10271015.jpg


塀の外にもたくさん
f0248616_10271640.jpg


もう一方の塀の外側
家の前の道路も、はきました
f0248616_10272268.jpg




f0248616_10272956.jpg

夫の車は、まだ雪の中
f0248616_10274219.jpg

疲れましたが、午後出かける予定です(^^♪




ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村



[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-30 10:32 |   散歩や近くのこと | Trackback

おはようございます
今朝の最低気温は0度
雪の予報だったのですが、今は小雨で
ここ数日よりは、少し暖かいあさでした
この後気温は上がらず、日中2度の予報
雪に変わるのかもしれません


帰りの新幹線の駅弁です♫

f0248616_23271159.jpg

新幹線の前に、ちょっと五能線のお話を・・

リゾート白神の走る五能線は単線なので
数か所の駅で、上下線のすれ違う待ち時間がありました
正確には秋田県東能代から、青森県川部までが五能線です


そこで見かけた光景
車掌さんが電車に張り付いた雪や氷を落としています
寒そう~!

f0248616_23262886.jpg


リゾート白神の中の様子を付け加えると
座席には個々に収納式のテーブルがついています
回転してボックス席にした場合に良いですね。

向こうに見えるのは、前の座席の背についている
新幹線のようなテーブルです
足を思いっきり伸ばせるくらい広いスペースです
f0248616_23263719.jpg






さて、五能線と奥羽本線を走ったあとは、新幹線です
新青森駅で、駅弁を買って乗り込もうとしたら
駅中の駅弁屋さんは、売り切れでした

コンビニ弁当もないし
階下に行けばあるかもという、不確かな情報では
乗りかえ時間が迫っていて、行ってみることはできませんでした

で、あきらめて、新幹線に乗ったら、目の前にワゴンが・・
まだ車内に出る前の準備段階で
少し残っていた駅弁を買うことができました
お酒も・・^^

f0248616_23265503.jpg




ホタテ飯と海鮮こわっぱ^^
ホ~ッ~(^^♪良かった

f0248616_23270433.jpg


さきほどのワインの残りとワンカップで再び乾杯
この日4度目のお酒・・・(≧▽≦)

あ、正確には、行きの奥羽本線で
持って行ったブランデー1口飲んだから5度目・・(^_-)-☆


美味しそう~♫

f0248616_23271159.jpg
unig
ウニもいくらも美味し~☆
わかめもシャキシャキだし蟹も甘い~☆
そういえば、シジミラーメンに入ってたわかめも美味しかった。





片方はお肉系が良かったけれど
買えただけでもうれしかった

f0248616_23272153.jpg




あ、もう仙台
乗り換えです

f0248616_23280199.jpg





見慣れた仙台のテレビ塔

f0248616_23282725.jpg



郡山まで爆睡でした(^◇^)


大人の休日パス旅行
一日目の長いレポを読んでいただき有難うございました
翌日は江戸東京博物館に行きました




ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村





[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-29 08:53 | ▽青森県 | Trackback

1月25日~27日のお弁当

3日間の日帰り旅行で疲れた後の月曜日
睡眠時間は約4時間
でも何とかあったものでお弁当(・_・;)

f0248616_15102488.jpg


火曜日、前日作った春巻きやおからも入れました
f0248616_15103551.jpg


水曜日きんぴらも入っています
f0248616_15104751.jpg

冷凍食品は一品にとどめて
何とか今週も明日まで

もうひと頑張り~^^




ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村



[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-28 15:16 | ◎お弁当の記録 | Trackback


おはようございます
今朝は少し暖かく、この時間はもう4度くらいになっているようです
日中9度まで上がる・・・暖かいです

明日からはまた雪模様で寒くなるそうなので
今日は、少し大きく窓を開けて、気持ちの良い空気を入れたいです



津軽の旅の続きです


金木町から五所川原までは、ストーブ列車も走る津軽鉄道
(日本最北端の私鉄です)

五所川原からは、こちらリゾート白神という五能線を走る
全車指定席の列車に乗りました
f0248616_09542058.jpg


ホームには高校生がいっぱい
みんな、そんなに着込んではいない^^
f0248616_09543308.jpg

五能線は、青森秋田を結ぶ、日本海の海岸沿いを走る
絶景の見える列車です

f0248616_09534470.jpg


今回は海沿いまでは、行きませんでしたが
f0248616_09532137.jpg

この電車を利用すると、川部という駅で奥羽本線に乗り換えることなく
新青森まで行くことができます

往路では、ストーブ列車との乗り継ぎがよくなく
利用できませんでした

f0248616_09532718.jpg

今年、新型車両も出るそうです
f0248616_09533340.jpg





f0248616_09535079.jpg



中はゆったりとしていて、新幹線よりも座席の前後幅が広いです
f0248616_09544596.jpg


f0248616_09550041.jpg





各車両に、こんなスペースもあって
風景を見たり、写真を写したり、自由に座ることができます

f0248616_09552114.jpg


このリゾート白神に乗って、日本海を走る旅も
ぜひ行ってみたいです


お気づきかもしれませんが、地図をよく見ると
新青森から五所川原へは、戻る方向になり、効率がよくありません

新青森から五所川原まで、乗り継ぎの良いバスも出ているのですが
雪が多い季節なので、遅れや渋滞の心配もあり
私たちは電車で戻る方を選びました


さて気持ちの良いリゾート白神です
当然(^^♪こちら

f0248616_10305327.jpg




車内販売で、ワインとビールを買って
持参のブランデーも^^ラミーチョコと一緒に~(^^♪
(スコッチが良かったのに・・と、ワタシ・・^^)

カンパーイ♫

f0248616_10303859.jpg



約1時間半の乗車・・・のんびりできました


この後は新青森から新幹線で、ひたすら帰るだけですが
やっぱり飲んでます(≧▽≦)




ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村


[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-28 10:39 | ▽青森県 | Trackback | Comments(4)


あたりは暗くなって、駅にも灯りがつきました
線路の上を歩いて、反対側のホームに行きました

雪の下になって見えないけれど、きっと
踏切のようになっているのだと思います

f0248616_01113624.jpg





左が駅舎で、帰りの電車は右側のホームに来ます
f0248616_01115018.jpg




ああ・・いいなあ~この風景
f0248616_01120212.jpg



f0248616_01121325.jpg




f0248616_01122431.jpg


五所川原までは津軽鉄道
ストーブ列車ではありません
f0248616_01124483.jpg

電車に照らし出された雪の白さが、きれいでした






ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村



[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-28 01:22 | ▽青森県 | Trackback


太宰の生家から、駅のほうに向かって少し歩くと

f0248616_09092361.jpg

疎開の家があります
f0248616_09093617.jpg




数年前までは、呉服屋さんが使っていたという建物は
今は太宰関係の書物やはがきなど
土産品も扱う店になっています

f0248616_09094684.jpg
ちなみに、あの又吉さんは、何度もいらしているとか・・




その一角に、疎開の家の入口があります

f0248616_09100185.jpg




こちらでは、案内してくださる方がいて
私たち二人の他に、もう一人、関東地方から来られた
やはり太宰ファンの方と、三人一緒に案内していただき

太宰にまつわる、本当に詳しくて楽しいお話を
聴くことができました

f0248616_09314123.jpg


初めて聴くエピソードや、交友関係なども
とても興味深く、感動的でした。
この家の入口は、上の写真のようになっていますが
内側から入るようになっているので、見ることはできませんでした。




中は洋室をはじめ、和室が4室
廊下も広く、贅沢な造りになっていました

f0248616_09314845.jpg




昭和20年7月末、妻子を連れて津軽の生家に疎開し
終戦後は、この離れに暮らし、1年3か月あまりのうちに
23の著作を執筆しました
文壇登場後の太宰の居宅として、唯一現存する邸宅です




"故郷"には昭和17年、病床の母を今井に行った顛末が書かれ
"津軽"には旅行で昭和19年訪れていますが
疎開したのは、その後のことということになります

そして終戦後、再び上京し"斜陽"、"桜桃"、"人間失格"など多数の作品を
書きますが、このころから体調を崩し始めたようです



右の窓下は、作り付けのソファーです
そして左のドアの右側には

f0248616_09103279.jpg



太宰が飲んだり、来客に出したウイスキー専用の棚で
扉を開けると、奥行きの浅い棚があります

f0248616_09104407.jpg



ガラスの向こうはサンルームです

f0248616_09105617.jpg




"あがりたまえ"(^-^)

f0248616_09315498.jpg




奥が執筆していた部屋
手前は、疎開する前に母を見舞いに来た折
母が寝ていたという部屋だそうです

f0248616_10303888.jpg



f0248616_09203847.jpg




生家の文庫蔵の隣にあった離れは
下の図のような位置にありました

f0248616_09343610.jpg



後年引き家され、現在は90メートルほど東にあります
それにしても、広い敷地です

一番広い時期で、庭や周辺を含めて役3ヘクタールの土地を
有していたとのことです



20分近くお話を聞いて、そのあとは太宰が座っていたという
この部屋の、この場所で、少しだけ作家気分~♫
でも、ほんとはちょっと恐れ多くて、もったいない気がしました

暖房はついてないので、すっごく寒くて
コートも脱がず、太宰さんと太宰ファンの方、すみません

f0248616_09210912.jpg




御一緒したもうお一人が、写して下さいました。
火鉢は、太宰が使った時のままの物だそうです

f0248616_09211056.jpg


今回、学生時代から好きだった太宰治の故郷に再来し
この新座敷を訪れることができたことは

太宰について、また新たな思いをもつきっかけとなり
もう一度作品を読み直してみたい気持ちにもなりました


この後は駅まで行って、リゾート白神という電車にのります




学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。
けれども、全部忘れてしまっても
その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものだ。
これだ。これが貴いのだ。勉強しなければいかん。
(正義と微笑より)


笑われて 笑われて つよくなる
(HUMAN LOSTより)






ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村







[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-27 11:13 | ▽青森県 | Trackback | Comments(2)


見えてきました・・太宰の生まれ育った家
現在は斜陽館という名前で記念館になっています


f0248616_08531554.jpg

大地主、津島源右衛門(太宰治の父)の手で建設された入母屋作りの建物は
明治40年、米蔵にいたるまで日本三大美林のヒバを使い
当時のお金で工事費約4万円をかけて造られました。


f0248616_08533641.jpg
レンガ造りが美しい、大きくて赤褐色の豪邸です



■階下11室278坪、2階8室116坪、付属建物や泉水を配した庭園など合わせて宅地約680坪の豪邸です。
■太宰はこの家を「苦悩の年鑑」の中で「この父はひどく大きい家を建てたものだ。
風情も何もないただ大きいのである」と書いています。








f0248616_08535319.jpg


■この豪邸も戦後になって津島家が手放し
昭和25年から旅館「斜陽館」として旧金木町の観光名所となり
全国から多くのファンが訪れていました。
しかし、平成8年3月に旧金木町が買い取り、旅館「斜陽館」は46年の歴史に幕を降ろしました。
(金木町のHPより)
f0248616_08542419.jpg




旅館だった時に宿泊したときは(20年以上前)
この広間で、一人ひとり御膳で食事が出てきました




f0248616_08545799.jpg

家の建物に近い蔵には、器や調度品書物などが納められていて
階段は、この後出てくる家の中の階段と同じように立派でした
蔵の中は撮影禁止です

f0248616_08554320.jpg



庭、つららが長いです

f0248616_08560845.jpg



店だったころの名残の入り口付近

f0248616_08563779.jpg




二階に上がる、一番広い階段

f0248616_08565759.jpg


四方に広がっています

f0248616_08572969.jpg



二階洋室

f0248616_08574562.jpg



f0248616_08580051.jpg


使用人用でしょうか?
他の階段・・台所につながっているようです

f0248616_08582127.jpg



有名な金屏風の間

f0248616_08583941.jpg

f0248616_08592275.jpg



浴室跡と、他の二つの蔵への通路

f0248616_08593847.jpg



米蔵前


f0248616_09000023.jpg




f0248616_09003595.jpg



20数年ぶりの再来は、また新たな発見や感動がありました
街並みは変わって、観光客も増えたようですが

ここは、本当に太宰が好きでたまらない人は
一度は訪れたいと思っている、憧れの場所です

f0248616_09005345.jpg

こうして再び訪れることができて
本当にうれしく、また懐かしい気持ちでいっぱいになりました


こんな標識までできていました
では、私もメロスのように坂を走って上ります・・・^^

と言いたいところですが、雪が積もっているうえに
降ってもいるので、足元は滑りやすくて
よちよち歩きです・・(^◇^)

f0248616_09011365.jpg



この後は、この標識の一番下にある新座敷へ・・




ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村




[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-26 11:33 | ▽青森県 | Trackback | Comments(2)

1月20日と21日のお弁当


おじゃようございます
今朝の最低気温はマイナス4度
寒い朝でしたが、今は晴れて、日中は5度の予想
昨日より4度上がりました(^_-)-☆



先週水曜日のお弁当
f0248616_09185775.jpg

木曜日
f0248616_09190695.jpg




昨日夜は、春巻き、きんぴら、おからなど
作り置きのオカズも作ったのに
撮影忘れ・・やっぱり遊び疲れかも・・・(≧▽≦)




ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村




[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-26 09:24 | ◎お弁当の記録 | Trackback