土曜日、二本松で
大山忠作美術館のあとは、あの智恵子抄で知られる
智恵子の生家に行きました


あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。

ここはあなたの生れたふるさと、
あの小さな白壁の点々があなたのうちの酒蔵。



f0248616_13341555.jpg



高村光太郎と結婚する前の旧姓は長沼です
1886年(明治19年)
当時現在の二本松市の造り酒屋の長女として生まれました

f0248616_13404386.jpg



小学校時代から成績優秀で美術の才能も豊かだったそうです
高等女学校卒業後は日本女子大学に進みました
前回のNHKの朝ドラで、女子の教育のために
広岡あさ が尽力した大学でもあります

現在の”ととねえちゃん”のモデル
小橋常子さんも、雑誌”青鞜” を読んで新しい女性に
目覚めるシーンがありましたね
”女性は太陽であった”(^_-)-☆



f0248616_13345711.jpg
卒業後は、洋画家の道に進み、平塚らいてうと出会い

智恵子は、その雑誌”青鞜”の創刊号の表紙絵を描いています



1912年(明治45年)光太郎に出会い、2年後光太郎との生活を始めます
1929年生家が破産
1931年ごろから総合失調症の兆候があらわれ
1935年、50歳で南品川の病院に入院
1937年ごろから、病室で紙絵制作が始まる
翌年53歳で亡くなる

1941年、高村光太郎が”智恵子抄”を刊行





中は見学できるようになっています
(入館料=410円)

f0248616_13343391.jpg







10年以上前に一度訪れた時は
もう少し当時の面影があって自由に観ることができたのですが
色々なものが展示されていて

f0248616_13344462.jpg





少し様子が変わっていました
f0248616_13351478.jpg
今回、最初からこちらに寄ろうと思っていたのですが
先に行った美術館で、セットのチケットがあることを知り
合わせて600円の入館料でした^^



 ~あどけない話~

智恵子は東京に空が無いといふ。ほんとの空が見たいといふ。
私は驚いて空を見る。
桜若葉の間(あいだ)に在るのは、
切っても切れない むかしなじみのきれいな空だ。
どんよりけむる地平のぼかしは うすもも色の朝のしめりだ。
智恵子は遠くを見ながら言ふ。
阿多多羅山(あたたらやま)の山の上に
毎日出ている青い空が
智恵子のほんとうの空だといふ。
あどけない空の話である。


安達太良山と阿武隈川の見える、光太郎と智恵子が並んで眺めたと思われる場所は
現在は広場になって展望台がありますが
この日は雨模様で諦めました
また近いうちに行ってみたいと思っています。


中学生の時、高村光太郎の”道程”という詩は
教科書に載っていたのでしょうか?

智恵子抄は、そのころに買った単行本を今も持っています

この後は隣接する智恵子記念館へ・・






来ていただいてありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村





[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-05-23 14:46 | ◇文学館・記念館・ 本・詩歌など | Trackback | Comments(6)


大山忠作美術館は
二本松市市民交流センターの3階にあります
f0248616_10562207.jpg





すぐ近くに東北本線二本松駅があります
f0248616_10565643.jpg





1922年二本松生まれ
1943年、学徒出陣のため、現在の東京芸大を
繰り上げ卒業
1952年より70年にかけて、日展で多くの受賞
1973年日本芸術院賞を受賞

f0248616_10571388.jpg




1975年より日展理事
86年芸術院会員
1992年第12代日展理事長に就任
96年勲三等瑞宝章受章
99年文化功労者
2005年日展会長
2006年文化勲章受章
2009年87歳で逝去


f0248616_10572350.jpg




f0248616_10573128.jpg


日本画は、観る機会がすくない私たちですが
100号・150号という大きな絵が展示されていて

その大きさの中にある繊細なタッチや自然を描いた豊かで美しい色彩と
人物や静物を描いた生き生きとした表現に圧倒されました


169点の収蔵品の中から期間によって展示が入れ替わるようなので
また行ってみたいです







f0248616_11424525.jpg



来ていただいてありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村








[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-05-22 11:53 | ◇美術館・博物館・絵画のこと | Trackback

こんばんは
今日は昼頃出発して、郡山から車で40分ほど北にある
二本松市に行ってきました

智恵子抄の智恵子のふるさとであり、安達太良山の麓にある市で
第七酒造や奥の松酒造、また岳温泉なども有名です


市民交流センター内の、二本松出身の画家
大山忠作美術館に行くのが目的でしたが

建物内に、あの原発事故で町全体が避難杭位となった浪江町のご当地グルメ
なみえ焼そばの店舗が入っていたので、食べてみることに・・

浪江焼そばは、原発事故で避難してきた浪江町の人たちが
二本松に住み、そこで復興を願って浪江町独特の太麺焼きそばを作ったことや
B-1グランプリで、1位になったこともあり
有名になり日清食品からカップ麺も出ているそうです


f0248616_21362281.jpg



この店には、知事や小泉進次郎議員など
各界有名人や芸能人も多数来店しているようで
色紙がたくさんありました


f0248616_21364443.jpg








ラーメンと

f0248616_21394202.jpg








カツ丼と

f0248616_21401207.jpg






なみえ焼きそば
まるで讃岐うどんのように太くてこしがあります

f0248616_21404814.jpg


取り分けてから写したら、麺が良く見えなくなってしまいました
ほとんどモヤシ・・・
具はモヤシと豚肉で、比較的濃いソース味です


このあと美術館へ・・
義母が行きたいと言ったので連れて行ったのですが
絵を観る時間が早すぎて、予想通りの落ち着かない鑑賞(ーー;)

同県出身の画家として、ここ数日前にテレビで特集してたのを見て
行きたいと思っただけで
普段、絵に興味があるわけではないので
ただ行けばよいだけで、すぐに飽きてしまった様子

私たちは、もっとじっくり見たいので
いつかまた改めて行こうと思いました
美術館と大山忠作については次のレポで(^-^)




来ていただいてありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村



[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-05-22 00:04 | ▽福島県内 | Trackback