🌷~安曇野で心に残った風景をまとめました🚗


雪の残る常念岳

f0248616_00283129.jpg


車窓から見えてきた時、思わずわー!!と歓声
f0248616_08321052.jpg







姥捨の棚田

f0248616_00523321.jpg




俳人に愛された場所と知って、さらに感激

f0248616_00513054.jpg



長楽寺

f0248616_00475829.jpg




旧篠ノ井線漆久保トンネル廃線遊歩道散策

f0248616_00420126.jpg







ノスタルジックな風景に郷愁を誘われる


f0248616_08211493.jpg




安曇野公園のチューリップ

f0248616_00314584.jpg




f0248616_08261061.jpg


f0248616_00331295.jpg




スマホ画像から・・安曇野公園から常念岳を望む

f0248616_00345476.jpg


絵にかいたような風景に感動!!



鯉のぼりと北アルプス
f0248616_08234988.jpg


安曇野
f0248616_08291920.jpg

何でもない道端から北アルプスを眺める
どこを切っても美しい


そして昨年秋の安曇野
f0248616_09041858.jpg

清流とはこの事をいうのだと思った日




わさび田
f0248616_09064483.jpg



f0248616_09071979.jpg

また来年も行きたい場所・・・安曇野




1泊目の夜、カーテンを開けて空を見上げたら
満点の星空
ほんとうに手がとどきそうって思った



旅に出て眠れぬ夜の星空の清水汲みたし北斗七星  沙羅

00000010_14273082.png




来ていただいてありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村




[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-05-13 09:00 | ▽長野県 | Trackback | Comments(8)


長野の旅最終日は、長峰山展望台に行きました
私は気が進まなかったのですが
前日行きたいところへ行ったので、夫の来たかった場所へ
夫は展望台が大好きです(^◇^)
(何とかと煙は高いとこが好き~笑)



車で、細い山道を登り、この展望台から眺めたのですが

f0248616_12114783.jpg


f0248616_12055153.jpg




近くの山桜は、まだ見頃でした

f0248616_12120009.jpg




霧にけむっています

f0248616_12121469.jpg





千曲川も霞んでいます

f0248616_12122788.jpg




広場でピクニックの家族もいました^^

f0248616_12123771.jpg




ここからの眺めを、井上靖
残したい静けさ・美しさ と表現したのです

f0248616_12134115.jpg


東山魁夷画伯の碑もありました
f0248616_12255254.jpg


f0248616_12255326.jpg





最終日、少し曇っていて残念でしたが
この後途中昼食を取りながら、帰り路になりました


群馬県で、高速道路脇に大きな繭(^◇^)

f0248616_12140687.jpg



安曇野の旅は、これで一応終わりですが
スマホの画像があるので
エキサイトに応募しながら、あと一つ記事を書く予定です





来ていただいてありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村






[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-05-12 00:09 | ▽長野県 | Trackback


二日目の午後は、ずっと雨でした
時々信号機のそばなどに
きれいな花畑があったりして
f0248616_09092544.jpg


雨の中、蕎麦の花を眺めながら
安曇野ワイナリーに向かいました
f0248616_09095864.jpg
リンゴがたくさんなっていました

f0248616_09101488.jpg



蕎麦の向こうはリンゴ畑
f0248616_09103708.jpg


f0248616_09105447.jpg

ワイナリーの敷地に入ると
それらしい建物が並んでいます

f0248616_09111351.jpg




f0248616_14325934.jpg

そして、ブドウ畑~(^^♪
f0248616_09120451.jpg


テンション上がります^^
f0248616_09122551.jpg



試飲コーナーやレストラン、ショップの入っている
建物です
f0248616_09132894.jpg
大雨で、正面から写すことができませんでした



無料試飲コーナーで
コンコードというブドウから作られた赤と
ナイアガラの白など数種類が試飲できますが
f0248616_09134825.jpg
私はナイアガラも甘口も苦手なので
コンコードのみ・・う~ん、これは、若々しすぎます


f0248616_09141873.jpg


で、有料の試飲コーナーに案内してもらって
シャルドネ2種類を飲んだら、少し酔ってきて
f0248616_09221951.jpg

メルロ?の試飲は、諦めようとしたら
一番飲んでみたかった5000円以上のレゼルヴを
ごちそうになっちゃいました(^^♪



f0248616_09230393.jpg

これは、納得・・美味しい~❤
全体的に、やっぱりちょっと若い感じがするのは
ブドウの樹も、10年に満たないからかもしれません
f0248616_09222795.jpg

夫はもちろん運転なので
私だけ試飲~(^^♪

二人で飲めれば、もっと良かったのですが・・^^



f0248616_14325934.jpg
翌日は、気になる塩尻のワイナリーに行く予定だったので

こちらでは、ワインは買わず
夫の会社への御土産などを買ったあと

この日の宿のある
木曽・・奈良井の宿へ・・・



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村


[PR]
by sarasunanikki-yk | 2015-09-16 14:43 | ▽長野県 | Trackback | Comments(2)



信州旅行二日目、ホテルを出たら、雨が降り始めました
前日の晴れ間のうちに、安曇野の清流を見て、本当に良かったです

この日午前は、美術館に行くことにしました

日本近代美術の扉を開いた荻原守衛(碌山)の作品と資料を保存している
碌山美術館
1958(昭和38)年、30万人の寄付と支援によって
ここ安曇野に開館したそうです

f0248616_12282935.jpg


安曇野には、多くの美術館があり、アートラインとも呼ばれていて
オーベルジュから、宿泊前に下のパンフを
送って戴いていました
f0248616_12284301.jpg



その中で、以前から興味のあった荻原守衛の美術館に行くことは
出発前から決めていました
f0248616_12285093.jpg


その短い生涯の中で、高村幸太郎やロダンとも交流を深めていた碌山の
足跡をたどることができた、興味深い展示でした
f0248616_12292156.jpg

1879年、現在の安曇野市穂高の農家の5男として生まれ
15歳の頃、友人の影響でキリスト教に傾倒
友人の妻である黒光という女性が、東京から持ち帰った油絵に惹かれ
同時にその女性にも惹かれていく

この女性黒光は、のちに夫とともに
本郷にあったパン屋を買い、その後新宿に中村屋本店を開いた人で
現在の新宿中村屋の中村の屋号は
画家の中村不折の書によるものだそうです


1901年には、ニューヨークに渡り、フェアチャイルド家で働きながら
美術学校へ通い、そこからパリに留学し、絵画を学ぶ

1904年、ロダン考える人に衝撃を受け
彫刻への転向を決意、ニューヨークに戻る・・・25歳
彫刻のために、人体解剖学も学ぶ
1905年、高村光太郎と交わる

その後オランダで、レンブラントやフェルメールの絵画を観て
パリのアカデミージュリアンで、彫刻を学び28歳の春
ロダンを訪ね、このころから碌山を名乗るようになる

この頃、パリを訪れた高村光太郎が。碌山の作品、坑夫を激賞

(坑夫と言えば、同じ題名の小説が、夏目漱石に・・^^)



f0248616_12290035.jpg




その後、イタリア・ギリシア・エジプトの美術を観て帰国
神戸に着いて、京都・奈良を巡り新宿にアトリエを新築
中村屋との交流は続き
現在も新宿中村屋には 中村屋サロン美術館があり
所蔵作品や、関係のあった画家たちの展示があるそうです

こういった一連のことは、今回碌山美術館を訪れるまで
まったく知ることもなく、今度上京の機会があれば
絶対行ってみたい場所の一つとなりました

29歳で、第二回文展に女の胴・坑夫・文覚を出品し文覚のみ入選

それまでに交友のあった、戸張孤雁・中村不折・らのほかに
中村悌二郎や中村彜らと交流をもつ

f0248616_12290788.jpg

1908年 デスペア・戸張孤雁像制作
第三回文展に、労働者など数点を出品・・・30歳

f0248616_12291593.jpg
1910年 銀盤・女・・・完成
4月20日、新宿中村屋にて吐血22日永眠

その後秋の文展に出品された、は、文部省に買い上げられた



以上、本当に簡単に書いたのですが
現地では、詳しい展示に見入ってしまい
大雨の中、4館に分かれた展示を、ひとつ一つじっくり観てきました
雨で、良い写真はありませんが

到着して道路の反対側から見ると
小さくて寂しい建物に見えました
f0248616_10311970.jpg

これは受付のある小さな建物で、入っていくと
左手に、一枚目の画像のパンフにある建物が見えてきました

f0248616_10314348.jpg



f0248616_10321292.jpg


f0248616_10324890.jpg




f0248616_10331154.jpg



f0248616_10335428.jpg
光太郎が碌山のことを書いた詩碑がありました


f0248616_10341613.jpg


f0248616_10343996.jpg




f0248616_10354043.jpg

時代的に古くなればなるほど、人に郷愁のようなものを感じさせ
人の心をとらえ、人を喜ばせ
美の一典型のようなものを感じさせてやまないであろう
=光太郎の言葉=




旅は、たくさんの出会いと感動をもたらしてくれる。
そしてその出会いは、いつも何かの偶然と重なって
不思議な世界へと広がって行く

明治期の多くの芸術家たちの、はかり知れない野望と行動力と
そして同時期の、または同郷の画家たちとの
強い結びつきにも惹きつけられ
時を忘れて見入った碌山美術館でした。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村


[PR]
by sarasunanikki-yk | 2015-09-14 11:17 | ◇美術館・博物館・絵画のこと | Trackback | Comments(2)




旅行二日目の朝10時にチェックアウトして出発です
安曇野は、蕎麦の花が満開でした

f0248616_12314100.jpg

サルスベリも咲いてる
f0248616_12305346.jpg





f0248616_12312547.jpg



蕎麦の花の向こうは、稲穂が実っていました
f0248616_12322748.jpg


今にも降り出しそうな空模様ですが
美しい風景を眺めながら
碌山美術館へ向かいました
f0248616_12324977.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村



[PR]
by sarasunanikki-yk | 2015-09-13 12:39 | ▽長野県 | Trackback



安曇野のオーベルジュ宿泊の朝
近くを散策しました

有明の森の中は
新鮮な空気が気持ち良いです

天候は曇りのち雨の予報で、ちょっと残念
f0248616_12583790.jpg

稲穂が実っています

f0248616_12583147.jpg



f0248616_12584411.jpg


森の中には、色々な施設が、見えてきます
f0248616_12585886.jpg


f0248616_12590594.jpg



f0248616_12585209.jpg



f0248616_12591250.jpg



f0248616_12591949.jpg



八ヶ岳は、雲がかかっています
この後雨かな~(・_・;)
f0248616_12592545.jpg
短い散策の後は、朝食です(^^♪


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村




[PR]
by sarasunanikki-yk | 2015-09-12 13:07 | ▽長野県 | Trackback

おはようございます
こちらは台風の後の低気圧の影響で
昨日から大雨となっているところが多く

県内でも、避難勧告が出されている地域が、増えてきました
皆様のところは、大丈夫でしょうか。
"命を守る行動をしてください"という言葉
今年は、何度も聞きました。
気をつけて過ごしたいです

今、こちらは、一時的に雨がやみ、少し蒸し暑くなっていますが
この後は、また大雨洪水警報が出ています


信州の旅の続きです
一日目の宿は、ネットで一生懸命^^調べた
オーベルジュに宿泊です
f0248616_08401744.jpg


夕刻の安曇野を走りながら
ちょっと期待にわくわくでした
f0248616_08403247.jpg


有明の森の中にあります
f0248616_08411392.jpg


外見は、まるで普通の住宅のようです
二階建てなのに、そう見えないような造りです
f0248616_08405610.jpg


f0248616_08410397.jpg

フランス風の、小さなエントランスは、気持ちよく中に続きます
f0248616_08412047.jpg



シェフのご主人と奥様お二人だけで運営されている
一日3組しか泊まれないホテルです
二階一番手前の部屋が私たち(写っていません)

隣りと突き当りに、もう二つの部屋です
f0248616_08415565.jpg


二階から階段を見下ろしています
階段は広めで、踊り場の椅子も素敵です
f0248616_08420601.jpg



吹き抜けになっているので
上から見下ろすと、右側がエントランス
左はダイニングになっています
f0248616_08421369.jpg


部屋は広めで、よく手入れされて
お掃除も行き届いています
23年経っているとは思えません

内装やカーテンは、とてもきれいなので
リフォームしているのでしょうか・?
f0248616_08422773.jpg


家具類は、ちょっとヨーロッパ調です
f0248616_08423382.jpg


左は、大きなクローゼット、正面は入口
右はバスの入り口です
お風呂はユニットですが、浴槽は大きめでした
f0248616_08424979.jpg


落ち着いた照明、テーブルとイスも欧風
f0248616_08424236.jpg
五時ごろ到着して、一休み
これから、楽しみのフレンチのデイナーです(^^♪



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村




[PR]
by sarasunanikki-yk | 2015-09-10 10:00 | ▽長野県 | Trackback


小布施を出て高速で安曇野へ1時間弱でした
大王わさび田・・・歴史ある山葵畑です
訪れたのは、今回が初めて

園内に安曇野の湧水が流れ、原風景が残るところでもあります


f0248616_09041858.jpg



澄んだ水の流れは、本当に美しく、現実を忘れさせてくれます
でも、この川をボートで下ることができるんです
う~ん、ちょっと・・・
f0248616_09043160.jpg



観光客を呼ぶためには、仕方がないのかもしれませんが
なんだか、踏み入れてはいけない気がするほど
透き通ったきれいな流れでした
f0248616_09044279.jpg


少し高くなったところから
流れを見渡すことができます
スニーカーのオバサン・・(^_-)-☆
f0248616_09045200.jpg


f0248616_09050210.jpg

↑に書いてある通り
一級河川と手前の湧水の川が合流する
珍しい地点です
f0248616_09051036.jpg





向こう側の少し濁った色と
手前の澄んだ色が、くっきり分かれていて
f0248616_09053271.jpg


水質も水温も違うので
しばらくの間、別れたままの状態で
混じることがありません
f0248616_09060571.jpg


わさび田です
f0248616_09061869.jpg
広い敷地内に、道を挟んでたくさんのわさびがありますが
夏場のことで、日よけの網が全面に張られていて
風景的にはちょっと残念です


日よけの下の、横のほうから写しました^^
f0248616_09064483.jpg


f0248616_09065697.jpg


f0248616_09070665.jpg

園内には、朝ドラ"おひさま"にでてきた
こういった可愛いお地蔵さま?のようなものがあちこちにあります

f0248616_09071979.jpg


f0248616_09072582.jpg

湧水が流れる安曇野だからこその、わさび田です
f0248616_09073235.jpg


f0248616_09084968.jpg


f0248616_09085620.jpg


f0248616_09091033.jpg
神社もありました

f0248616_09093925.jpg

ゆるキャラ・・わさっぴ(^◇^)
f0248616_09094563.jpg

生わさびも、たくさん売ってましたけど
旅の初日だったので、買うこともできず
f0248616_09095323.jpg

併設の、記念館を見て
わさび田をあとにしました
f0248616_09100315.jpg
このあとは、この日の宿
オーベルジュ・ノワールへ(^^♪

☆安曇野っていいな☆
ポチット応援よろしくお願いします


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村



[PR]
by sarasunanikki-yk | 2015-09-09 09:34 | ▽長野県 | Trackback | Comments(6)