人気ブログランキング |

原 敬 記念館(盛岡市本宮) 平民宰相と言われた人

”盛岡市出身の第10代内閣総理大臣”  

盛岡に住むようになって つくづく思う事がある
岩手には 何てたくさんの偉人が居ることだろう

このことは 以前先人記念館に行った折に
岩手県出身の著名人に関する あふれんばかりの展示物に
出会ったときにも 感心してしまったことの一つだ

啄木や賢治はもちろんのこと 東北地方で
歴代総理大臣を 4人も輩出しているのは ここ岩手県だけである
いや 総理大臣自体 東北からは岩手県からしか出ていない

総理大臣がどうの・・・と言うつもりはないけれど
同じ東北の 他県出身の私から見れば
これはこれで すごいことだと思う

さて その4人の中の 一番最初の総理
そして 日本で最初の平民宰相と言われ
初めて 本格的な政党内閣を組織したというのが
はらけいとも呼ばれる 原敬(はら たかし)その人である
f0248616_10504935.jpg


同市内にある先人記念館へは 大分前に行ったのだが
原敬記念館へは まだ行ってない事が
とても気になっていて 先週土曜に やっとその機会を得た
f0248616_10563553.jpg


展示物を観ることに夢中で 時間もかかり
外観の写真などが少ないので
戴いてきた パンフレットの写真も お借りすることにする

記念館に入る前に目についたのが この碑だ
f0248616_1124528.jpg

宝積(ほうじゃく)=人に尽くして 見返りを求めない
原敬の 座右の銘とある
この二文字をまず心にとめて 記念館に入った

中は 上のパンフの写真の様に ゆかりの品や自筆の書などが
当時のままの形で 展示されている

これは 彼が 東京の自宅に合った日記や書類の大半を
故郷の盛岡に送って保存していたからで
下の頑丈な煉瓦作りの蔵に 保管されていたとのこと
f0248616_11125369.jpg


元は 盛岡市の中心 現在の七十七銀行のある場所にあったこの蔵と
鎌倉の家にあった右の写真の書斎は 今は記念館の中庭に移設されている

また 15歳まで過ごした生家の一部は 記念館前に残っていて
生家のあったところに 記念館を作ったと言うのが正しい

記念館をみてから 生家を観ようと考えているうちに
いつの間にか 一時間以上の時間が経過して 4時過ぎ・・

先刻 原敬の生い立ちについて説明して下さった学芸員の方から
生家の方は 御覧になりましたか?と声を掛けられ
あわてて記念館を出て 生家へ・・
f0248616_11172586.jpg


どうやら 生家の開館時間は4時までらしく
その方が 鍵を持ちながら 生家を案内して下さった
この時間記念館への来場者は 他に一組だけだったことは
私たちにとっては 幸いだったようだ

実際の生家は 現在の建物のおよそ5倍以上の広さ
それもそのはず 彼の祖父にあたる直記は 盛岡藩の家老だった人で
使用人も多く たくさんの部屋があったようだ

ここで はて 原敬は平民のはず・・と思ったが
彼は 7人兄弟の4番目で 19歳の時に 平民として分家を設立している

15歳で 戊辰戦争の屈辱を秘めて上京し 紆余曲折の末
一国の総理大臣にまでなった彼の努力は 言うまでもないことである

f0248616_11193487.jpg

上の左は 祖父の部屋で、庭の眺められる 一番良い場所にあったようだ
そして おじいちゃんっ子だった敬は この部屋で
祖父から色々な話しを聴いて 成長したという

平民とはいえ もともとは家老の孫にあたる人
やはりサラブレットの 家系だったのだと思った

多くの政府の役職につき 時の総理伊藤博文に認められて
29歳の若さで パリ公使も勤め
高等教育機関や鉄道網の整備にも 尽力した原は
総理在職中に 65歳にして
東京駅で 一青年によって 暗殺されたことは よく知られている事実だ

彼の遺言で 遺体は盛岡に運ばれ
たくさんの 故郷の人々に見守られながら 大慈寺に埋葬された
その墓石には 最後まで平民であった彼の遺言通り
ただ 原敬の墓 と書いてあるだけである

また19歳から65歳で暗殺されるその日まで 書き綴った日記
書籍としても出版され 学術上の貴重な文献になっていることも
今回 記念館を訪れることで 初めて知った



この記念館の展示を観ているうちに 考えたことがある

原敬が第10代総理大臣になるまでの9人の歴代総理のうち
佐賀県出身の5代大隈重信と 7代京都の西園寺公望以外 
伊藤博文初め 何と7人が薩摩と長州の出身者だ

人々の心から まだ戊辰戦争の記憶の消えないこの時期に
会津藩と共に 最後まで幕府につかえようとした
盛岡藩出身の原敬が 総理大臣になって政党内閣を実践したことは

単に 平民宰相としてばかりでなく
本当の意味での 新しい時代の政治の
第一歩として 大きな意義があったのではないだろうか


記念館などに行くと いつも展示物や文書が多くて
全部は読む事が出来ないのが 残念でなりません

世に尽くしてきた 1人の人間の生きてきた歴史を知るということは 
何て心動かされることなのでしょう・・

御親切に 案内して下さった 記念館の職員の方有難うございました
そして 個人的な感想も多いこの文を最後まで読んで下さった方 有難うございます。
他にも 県内の記念館などのレポがありますので 宜しければ ご覧下さい
  




いつも御覧頂いて有難うございます
 ↓ 宜しくお願いいたします m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ

にほんブログ村
 
by sarasunanikki-yk | 2013-09-02 12:28 | ◇文学館・記念館・ 本・詩歌など