るるるるるる・・・視覚の詩人、草野心平記念館を訪れて・・・その1

おはようございます
今日も暑くなりそう・・・毎日同じことを書いてしまいますが
ほんとに今年は早くから暑いですね。

そしてもう6月、時の過ぎてゆくのが、季節のすぎるのが
年々早く感じられるようになって
そうして年を重ねていくんですね

季節外れですが


秋の夜の会話・・・草野心平

さむいね
ああさむいね
虫がないているね
ああ虫がないているね
もうすぐ土の中だね
土の中はいやだね

痩せたね
君もずいぶん痩せたね
どこがこんなに切ないんだろうね・・・



(記念館前の花)

f0248616_22212374.jpg
草野心平の代表的なこの詩を
あるいは、草野心平という詩人をご存知でしょうか?

福島県出身の詩人です

草野 心平(くさの しんぺい
1903年36年)5月12日 ~- 1988年63年)11月12日
福島県石城郡上小川村(現・いわき市小川町)出身。
5人兄弟の次男として生まれ、兄の民平( みんぺい)、弟天平( てんぺい))も詩人




(記念館は、小高い山の上にあります)

f0248616_22203984.jpg

1919年、磐城中学(現・福島県立磐城高等学校)を4年生で中退上京し
1920年慶應義塾普通部3年次に編入。同年、同校を中退し
1921年中国の広東嶺南大学(現・中山大学)・・(ミッション系、アメリカンスクール)に進学する。

1925年(大正14年)排日運動により、帰国。詩作はこの留学中に開始

1923年(大正12年)には、民平と自己の詩をおさめた『廃園の喇叭』を自費出版
(一時帰国、出版地は日本)。帰国後、雑誌『
銅鑼』を主催し
ここに
宮沢賢治八木重吉らを同人に誘い、 彼らの作品の紹介に努めた。

1928年(昭和3年)、活版刷りとしては初の詩集となる『第百階級』を刊行
全篇が
をテーマにしたものであり, 以後も、この生物を扱った詩を書き続けた。

1935年(昭和10年)には中原中也らと詩誌『歴程』を創刊する。

1938年(昭和13年)2月から4月まで、『帝都日日新聞』の記者として満州中国に渡り
そのときの模様を『支那転々』にまとめている.
在中時代は、
焼き鳥屋をやっていた経験を持ち、戦後日本に帰国した際にも
「 火の車」という焼き鳥店を経営。



(記念館入口へ)

f0248616_22210788.jpg

1950年(昭和25年)「蛙の詩」によって、第1回読売文学賞を受賞。

1953年(昭和28年)福島県川内村長福寺の住職矢内俊晃の招聘で同村平伏沼
モリアオガエルを見に行く。

1956年(昭和31年)平伏沼畔に心平の歌碑が建立される。

1960年(昭和35年)川内村名誉村民となり、1966年、天山文庫が建設され
その後毎年7月に
天山祭りが開催されるようになる。

1983年(昭和58年)、文化功労者

1984年(昭和59年)7月、いわき市名誉市民となる。

1987年(昭和62年)には文化勲章を受章。

1988年(昭和63年)11月12日死去。

1998年平成10年)心平の功績が称えられ、福島県いわき市
いわき市立草野心平記念文学館が建立される
主に Wikipediaより

f0248616_22201224.jpg

日曜日、草野心平記念文学館に行ってきました
もう、何年も前から行きたいと思っていて
やっと実現した事でした

心平は生涯を通して、多くの文人と交流を持ち、カエルや自然を愛し
独特の視点と言葉で、詩を書きました
壇一雄とロシアに行ったり、棟方志功とインドに行ったりしたことも
その個性的な感覚を磨く事に繋がっていると思います

棟方志功については、その版画と心平の詩を
現代的に言えばコラボさせた本が出ています

ずいぶん前に、青森の志功記念館に行った時には
気づかなかったことでした

また草野心平の、カエルの言葉?カエル語?とも思える不思議な詩は
ちょうど宮沢賢治の、イーハトーヴや
賢治の童話に出てくる擬声語をも思い出させます

そういう点でも、共通した何かを見出したのか
賢治と心平は、書簡のみではあるけれど
親しい間柄となり
賢治没後に、彼の名を世に知らしめるために
賢治の家族や光太郎らと共に
大きな役割を果たしたのが心平でした。


るるるるるる・・・と、"る"という字だけを並べた詩や
真っ白い紙の真ん中に 黒い点があるだけだったり
その視覚に訴えようとする多くの特徴的な詩は
当時、色々な意味で、様々な評価を受けたようです。

それらを、視覚や聴覚に伝えるように工夫された展示で
館内は、独特の雰囲気でした

興味のある方は、一度ぜひ訪問されては・・と思います
こちらも詩です^^
f0248616_10105142.jpg
Qがいっぱい・・・(*^_^*)

書きたいことが、もう少しあるので
次回続けたいと思います



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村






[PR]
トラックバックURL : https://sarasuna.exblog.jp/tb/24088337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lovehorse at 2015-06-02 21:30
視覚にうったえる詩なんですね。
なんかこのQの集まり、お茶目ですね!^^
カタチや言葉から感じ取るものは、きっと
人それぞれだと思うけど、脳にグッと刺さる
ような気がしました。

どんなふうに感じてもOKなんだ!と思えなくて、
解釈しようとすると苦しいものですね。
心が疲れると感じ取るチカラもダウンしてしまう。
詩を見ると、そこに心が映るような気がします。
Commented by sarasunanikki-yk at 2015-06-03 00:23
> lovehorseさん
そそ、キュートでしょ・・笑
自由な感じ方や発想が促されるのは
脳の活性化になりそうな気がします。

体の疲れは休めば良くなるけれど
心の疲れは厄介者ですね。
感じるチカラ・・大切だと思います☆
そういう時は、一時凌ぎ的にワインを飲む・・
やっぱりそこ!?・・・(≧▽≦)
Commented by bbex162546 at 2015-06-03 03:18
saraさん今晩は、
草野新平記念館の記事、お待ちしていました^^
宮澤賢治の紹介に大きな役割を果たした草野心平、
とても興味を持っています。
次の記事も期待しています^^


Commented by sarasunanikki-yk at 2015-06-03 17:54
> bbex162546さん
こんにちは
やっと行ってきました^^
実は以前に一度行っていると思い込んでいたのは
たぶん天山文庫のほうかもしれません。
いろいろと工夫を凝らした展示で
2時間見ても、まだまだ足りず
もう一度行きたいと思いました。
その感心した事を、うまく表現できない
自分の文章力の無さに、落ち込んでいます(・_・;)
by sarasunanikki-yk | 2015-06-02 10:23 | ◇文学館・記念館・ 本・詩歌など | Trackback | Comments(4)