銀座の蕎麦や  ”笑笑庵”


一日目のランチは ずっと行きたかった蕎麦やです

昔 銀座を歩いていて 偶然見つけた笑笑庵
東京に行った時に よく寄せてもらう店で

築地にも市場の厨房という店があるので
魚介が新鮮で美味しく 昼の飲みに嬉しい蕎麦やです

六本木から 地下鉄で銀座へ
ちょっと曇り空の銀座2丁目あたり
f0248616_22445818.jpg


ブルガリの壁をセルペンテイ(蛇)が下を向いて這っています
これ去年できたのかな? 初めて観ました 
ほんとはイラキラ光っているのですが写りませんでした
 手前がマツヤとヴィトン
 向かい側がカルテイエ はす向かいがシャネル・・・という
この交差点を 右に入ってウインズの隣のビルの地下です
f0248616_22475054.jpg


f0248616_22493555.jpg



本日の打ち手の 名前があります
階段を下りると 入口が見えます
f0248616_2255429.jpg


とりあえずビール
f0248616_2325482.jpg


お通しはサザエ
f0248616_233507.jpg



刺身盛り合わせ
f0248616_2361861.jpg


お刺身には もちろん日本酒
盛り付けも味も良い
f0248616_237128.jpg


〆サバ かつて食べたことのある〆サバの中で 一番美味かも!!
f0248616_239273.jpg



天ぷら盛り合わせ・・海老が大きい
f0248616_23105875.jpg



好みで つゆか塩で・・・塩が写ってない^^;
f0248616_23121069.jpg



ここらで蕎麦も一枚
f0248616_231346.jpg



蟹サラダ
f0248616_23152720.jpg



少し遅めのランチだったので
お店は好き始めていて お料理は次々できてきて
お酒もおかわりして ほろ酔い・・
f0248616_23193264.jpg


畳の席もあって 店内は結構広い
f0248616_23165874.jpg


久しぶりに行っても 新鮮な魚と天ぷら、
手打ちそばが美味しい 大満足の店でした

この後はマツヤで ウインドショッピング^^
疲れて また地下鉄で ホテルに帰りました
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2014-01-27 23:35 | ▼東京 | Trackback | Comments(16)

こんばんは
今日も ちょっと出かけていたので 今頃のUPになりました

盛岡は 寒くて 明日朝-7度の予報ですが
日中は3度まで上がるようです

さて 東京の続きですが


ラファエル前派とは

1848年 英国の若い7人の画家たちが、ラファエロを規範とする
保守的なアカデミズムに反旗を翻し、それ以前の初期ルネサンス芸術に
立ち返るべくラファエル前派兄弟団(PRB)を結成した

その中心となったのが ジョン・エヴァレット・ミレイ
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッテイ
ウイリアム・ホルマン・ハント
  の三人

彼らは ルネサンス初期の素直で誠実な絵画を理想として この名を付けた
                             パンフより


昨日もUPした ミレイのオフィーリア
シェイクスピアのハムレットを モチーフにして描かれています
f0248616_22243740.jpg


昔は 美術展に行くと 必ずあの分厚い図録を買っていましたが
本棚が 図録でいっぱいになったころから 国内の美術展では
もう図録を買うのは止めました

で、気に行った絵のポストカードを数枚だけ
f0248616_22321272.jpg

一番上の ”4月の恋”という 少女の絵が とても素敵でした
4月の恋という名前も 少女の可愛らしさも 全体の色合いも好きです
アーサー・ヒューズ と言う画家の作品です


この後は 銀座に出て ランチです
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2014-01-27 22:37 | ◇美術館・博物館・絵画のこと | Trackback | Comments(6)

こんばんは

土曜日の朝早く盛岡を出発して
東京に行ってきました

六本木の森美術館で開催中の
ラファエル前派展
f0248616_23252970.jpg



きっかけは 12月初めに朝日新聞に掲載された
この小さな記事でした
ラファエル前派という あまり聞き慣れない美術史上のグループに
興味を持ったのと この記事にあるシンポジウムに行きたいと思ったのです
f0248616_23233674.jpg


開催される大学にも縁があるし ぜひ行きたいとメールで申し込み
返信は つい先日でしたが 残念ながら抽選漏れでした

申し込んで間もなく 電車やホテルは一応押さえていたので
シンポに行けなくても 東京も美術展も久々だったので
展覧会だけでも観ようと言うことになり 上京したのです


土曜朝7時半頃盛岡を出ました
新幹線の中では 夫は相変わらず数独に熱心
私はうとうと・・はやぶさに乗ると 
盛岡→仙台→大宮→東京 2時間半弱で付きます・・・結構早い!!
f0248616_23333123.jpg



東京から山手線で新橋
東京に来るとよく利用するホテルに近いので
何度も降りている駅です
新橋駅のシンボル SL     ♫~汽笛一声新橋を~♫
f0248616_23383483.jpg

ガード下の店 入ってみたいなあ~^^


ここからホテルオークラまで タクシーで10分とかかりません
広くて 気持のよいホテルです
f0248616_23454488.jpg


全てのスペースが とても広いのですが
中でも この女性用のトイレの中には ちょっと驚かされます
入ると 右側が化粧室 左側に応接セットが置いてあり
壁に大きな絵も・・ 奥に入っていくと右側にトイレがあります
f0248616_2347895.jpg


こちらは 大倉集古館  言ってみればオークラ所有の美術品を集めた
小さな美術館です。ホテル(本館)のすぐ前にあって
宿泊客には 部屋に無料チケットが置いてあります
f0248616_2351295.jpg

ここには 以前宿泊した時に 入りましたが
たくさんの 美術品が展示してありました

まだ10時半頃 荷物だけホテルに預けて
並木道を下って 地下鉄で神谷町から六本木へ向かいます
f0248616_2354811.jpg


六本木ヒルズ 森ビル到着です
ここは何度か来ていますが やはり随分と久しぶりです
美術展の広告もあります。森美術館にも二度ほど来たことがあり
一度は草間弥生さんの展覧会 一度は印象派展でした
f0248616_23574281.jpg

草間弥生さん ご存じですか?
あの派手派手の水玉模様の作品で有名な 今はもう80歳を超える
前衛美術家です。近年は 陶器などともコラボしたり
昨年?だったか ルイヴィトンとのコラボで
水玉模様のヴィトンのバッグが たくさん発売になったと思います

ジョン・エヴァレット・ミレイのオフイーリア
繊細で美しくて とても魅かれる 大好きな絵の一枚です
10年以上前に テート美術館展で観て 印象に残った絵です
フランスのミレーではなく イギリスのミレイ
彼がラファエル前派の中心的存在の一人でした
f0248616_015098.jpg



美術展の感想は もう少し書きたいので
またこの後に続けます
春の様な 暖かい東京から戻ったら
盛岡は うっすら雪が積もっていて とっても寒買ったです
気温差が激しいので 皆さんも風邪にお気を付けて
今週も元気にお過ごしください(*^_^*)


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2014-01-27 00:17 | ▼東京 | Trackback | Comments(16)