見えてきました・・太宰の生まれ育った家
現在は斜陽館という名前で記念館になっています


f0248616_08531554.jpg

大地主、津島源右衛門(太宰治の父)の手で建設された入母屋作りの建物は
明治40年、米蔵にいたるまで日本三大美林のヒバを使い
当時のお金で工事費約4万円をかけて造られました。


f0248616_08533641.jpg
レンガ造りが美しい、大きくて赤褐色の豪邸です



■階下11室278坪、2階8室116坪、付属建物や泉水を配した庭園など合わせて宅地約680坪の豪邸です。
■太宰はこの家を「苦悩の年鑑」の中で「この父はひどく大きい家を建てたものだ。
風情も何もないただ大きいのである」と書いています。








f0248616_08535319.jpg


■この豪邸も戦後になって津島家が手放し
昭和25年から旅館「斜陽館」として旧金木町の観光名所となり
全国から多くのファンが訪れていました。
しかし、平成8年3月に旧金木町が買い取り、旅館「斜陽館」は46年の歴史に幕を降ろしました。
(金木町のHPより)
f0248616_08542419.jpg




旅館だった時に宿泊したときは(20年以上前)
この広間で、一人ひとり御膳で食事が出てきました




f0248616_08545799.jpg

家の建物に近い蔵には、器や調度品書物などが納められていて
階段は、この後出てくる家の中の階段と同じように立派でした
蔵の中は撮影禁止です

f0248616_08554320.jpg



庭、つららが長いです

f0248616_08560845.jpg



店だったころの名残の入り口付近

f0248616_08563779.jpg




二階に上がる、一番広い階段

f0248616_08565759.jpg


四方に広がっています

f0248616_08572969.jpg



二階洋室

f0248616_08574562.jpg



f0248616_08580051.jpg


使用人用でしょうか?
他の階段・・台所につながっているようです

f0248616_08582127.jpg



有名な金屏風の間

f0248616_08583941.jpg

f0248616_08592275.jpg



浴室跡と、他の二つの蔵への通路

f0248616_08593847.jpg



米蔵前


f0248616_09000023.jpg




f0248616_09003595.jpg



20数年ぶりの再来は、また新たな発見や感動がありました
街並みは変わって、観光客も増えたようですが

ここは、本当に太宰が好きでたまらない人は
一度は訪れたいと思っている、憧れの場所です

f0248616_09005345.jpg

こうして再び訪れることができて
本当にうれしく、また懐かしい気持ちでいっぱいになりました


こんな標識までできていました
では、私もメロスのように坂を走って上ります・・・^^

と言いたいところですが、雪が積もっているうえに
降ってもいるので、足元は滑りやすくて
よちよち歩きです・・(^◇^)

f0248616_09011365.jpg



この後は、この標識の一番下にある新座敷へ・・




ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村




[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-26 11:33 | ▽青森県 | Trackback | Comments(2)

1月20日と21日のお弁当


おじゃようございます
今朝の最低気温はマイナス4度
寒い朝でしたが、今は晴れて、日中は5度の予想
昨日より4度上がりました(^_-)-☆



先週水曜日のお弁当
f0248616_09185775.jpg

木曜日
f0248616_09190695.jpg




昨日夜は、春巻き、きんぴら、おからなど
作り置きのオカズも作ったのに
撮影忘れ・・やっぱり遊び疲れかも・・・(≧▽≦)




ご訪問ありがとうございます
応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村




[PR]
by sarasunanikki-yk | 2016-01-26 09:24 | ◎お弁当の記録 | Trackback