先日、那須のアウトレットに行った時
鰯の銚子煮というのと
パスタソースを買ってみましたが
まだ使っていません
甘露煮みたいなものかな?
f0248616_1123114.jpg



それから、茶色の千鳥格子の布製のバッグと
カーデと襟付きの長めのベスト

ベストは、目が詰まっていて暖かそうなので
家で着ようと思ってます
f0248616_110037.jpg



晴れたり曇ったり雪が降ったり
落ち着かない今日のお天気です



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2015-02-13 11:03 | ◆買った物 | Trackback | Comments(6)

トルコ雑貨を観ながら

”飾りもの?器?”

数年前トルコに行った時に買った
小さな焼き物

とても安かったので
独特の濃い色と模様で 面白いと購入

暫くドレッサーの前に 飾っておいたけど
今は アクセサリ入れになっています
f0248616_9334222.jpg


それから パシュミナ
トルコに行くと 道端の土産店や バザールなどで
本当にたくさんのパシュミナが 売られています

絹なので 一年中大丈夫とは言いますが
一枚は薄い若草色の 少し厚めの生地で
春先や秋口に利用してますが

もう一枚 こちらは柄があって なかなか洋服に合わなくて
あまり使っていません
f0248616_939726.jpg


トルコは 特に皮製品や 絨毯や トルコ石で有名で
本当にたくさんの店があり
ツアーで行くと 必ずと言っていい程
そう言った店に案内されます

そしてそういう店の店員さんは みなよく勉強していて
ほとんどの方が 日本語を 流暢に話します

皮や 絨毯屋 トルコ石は ちゃんとした業者から買えば
手作りの 素晴らしいものも手に入りますが
それらは 決してお安くありません
反面 日本人観光客を狙った 偽物を売る業者もいるそうなので
気をつけたいものです

日本に居る時には 欲しいと思わなかった高価な物を
現地に行くと なぜが欲しくなったりしますが
余裕のある方は別として 旅行前に よくリサーチして
欲しいものかどうか 考えておく必要がありそうです

実際 私は 革のジャケットは夫の分と2着欲しくなり
買う寸前まで行きましたが 
日本に帰って それを着ている姿や シーンを
よーくシミユレーションしたら
着そうにないと 思いとどまりました
1着10万円以上の物でした(ホッ^^)

店員さんに しつこく迫られたのは 言うまでもありません
そしてこの店では 同行のツアーの方の3分の2以上の方が
皮ジャケットを買いました(ほとんどの方が2着ずつ)
もちろん 初めからそれが目的の方もおられたようで
そういう方にとっては とても有意義であったと思います

トルコ石の店は あまりしつこくなかったので
ゆっくり見て 落ち着いて考えて
やっぱり 買いませんでした
もともと ブルーのアクセサリーが似合うとは思えなかったし
あまり欲しくも無かったので(負け惜しみ^^;)
でも、ここでも たくさんの方が 10万以上の
(ある方は50万以上のを)アクセサリを
買われていました

そして絨毯  ちょっとした体育館くらい 広い店内に
体格の良いトルコ人の男性達が 何人も何人も
絨毯を持って 次々広げて見せてくれます

とても広くて 自由に出入りできるのに
なんだか 出にくい雰囲気・・・
話を聴いているうちに 買いたくなってくる

そしてまた 何人もの方が 数十万の絨毯を
(またある方は 100万以上の物を)
短い時間の間に決めて 契約書を書いていました

こちらも 初めから 絨毯を買うつもりで参加されている方も
数人いらっしゃいましたが
私達の様に 見てるだけだった方が

いつのまにか 10万以上の玄関マットなどを買っていて
(百万円以上の絨毯をたくさん見た後でもあり)
どうやら 皮製品の店で ほぼ八割以上の方が
皮のジャケットやコートを買ってから
金銭感覚が変わってしまっているかのようでした

日本に帰ってきて 買ってきて本当に良かったと思えれば
これらの物は どれほど高価な物でも
それ以上の価値があると思うので 素晴らしいと思いますが・・。

今日 画像の器を見て
ヨーロッパとアジアの出会う不思議な街 イスタンブールと
美しいエーゲ海、たくさんの遺跡や シルクロードなど 
またいつか行ってみたい国トルコの楽しかった旅を
懐かしく思い出すと同時に

ちょっと考えさせられた一面も
思いだしたので 書いてみました

雨もすっかりやんで 夏の太陽が出てきました
外は暑そうですが
今日は 東京から友人が来るので
駅まで迎えに出て 
そのあとは のんびりランチです
さて そろそろ準備しなければ・・・ 
[PR]
by sarasunanikki-yk | 2013-07-10 10:13 | △旅の思い出 | Trackback | Comments(4)